アイテム共通



アイテム攻撃

打撃・射撃アイテムとも、
  • 攻撃判定のダメージ
  • リアクション値
  • 全体フレーム
は全ファイター共通である。

打撃アイテム

以下のアイテムは「打撃アイテム」に分類される。
ビームソード、リップステッキ、スターロッド、巨塔、ハンマー、ホームランバット、ゴールデンハンマー、キルソード、死神の鎌

このうち、ハンマーとゴールデンハンマー以外の打撃アイテムを所持しているときは、
  • 弱攻撃
  • 横強攻撃
  • 横スマッシュ攻撃
  • ダッシュ攻撃
がそれぞれ固有の打撃ワザに変化する。

OP相殺は、 通常の弱攻撃などとは別ワザ扱い で、 アイテムの種類ごとにカウントされる
各ワザの全体フレームは、巨塔とホームランバットを除いて全打撃アイテムで共通である。
発生・持続は要確認*1

<基本的な打撃アイテム攻撃の全体フレーム>
ワザ 全体F
25
DA 44
横強 37
横スマ 51


射撃アイテム

以下のアイテムは「射撃アイテム」に分類される。
リベンジシューター、スーパースコープ、レイガン、ファイアフラワー、ドリル、まほうのツボ、スティールダイバー、あるくキノコ、バナナガン、狙杖

射撃アイテムを所持しているときは、
  • 弱攻撃
  • 横強攻撃
  • 横スマッシュ攻撃
  • ニュートラル空中攻撃
  • 前空中攻撃
  • 後空中攻撃
が射撃ワザに変化する。
アイテム打撃とは異なり、アイテム射撃はどの攻撃でも同じ性能になる。

アイテム射撃は、OP相殺の対象外の攻撃である(OP相殺がかからず、他のワザのOP回復にもならない)。


被ダメージによるアイテムドロップ

アイテム所持中にノーリアクションでない攻撃でダメージを受けると、一定の確率でアイテムを落としてしまう。
ドロップ確率の計算式は以下の通り。被ダメージは1on1補正の影響を受ける(?)。
ドロップ確率 (通常アイテム) = INT(ダメージ量 + 1) / 70 [%]

なお、ドラグーン・ジェネシスのパーツやスマッシュボールを落とす確率は異なる計算式で計算される。
ドロップ確率 (特殊アイテム) = {INT(ダメージ量) / 100} * ドロップ倍率 [%]
ドロップ倍率の値には、ドラグーン・ジェネシスのパーツの場合は1、スマッシュボールの場合には2を使用する。

ちなみに、むらびとのNBはダメージを受けると必ずアイテムを落とすフレームが存在する。フレーム数はNB1のもの。
  • しまいモーション:1-14F (しまう成功からの移行、とり出し後の再しまいともに)
  • とり出しモーション:1-14F (バナナのかわ・カプセルなど)
  • 小投げモーション:1-4F (飛び道具・サッカーボールなど)
  • 大投げモーション:1-33F (タル・箱など)
  • 使いモーション:1-16F (たべもの・フランクリンバッヂなど)


参考



コメント

名前:
コメント:
最終更新:2020年06月14日 22:08