耶麻郡五目組針生村

陸奥国 耶麻郡 五目組 針生(はりふ)
大日本地誌大系第32巻 118コマ目

府城の北に当り行程6里9町余。
家数22軒、東西1町12間・南北2町。
四方田圃(たんぼ)にて北は山に近し。

東2町30間赤崎松林に界ふ。
西4町35間上野村の界に至る。その村まで5町余。
南3町49間根岸村の界に至る。その村まで15町30間余。
北1里7町30間五目村の端村大平の地に界ふ。
また
未(南南西)の方6町49間五目村の界に至る。その村まで13町20間余。

また
南1町に家居1軒あり、三屋(みつや)という。
西2町に家居1軒あり、中和田(あたわた)という。

もと戌(西北西)の方7町30間に桜屋敷という端村あり。今はなし。

端村

日照屋敷(ひてりやしき)

本村の亥(北北西)の方7町20間にあり。
家数6軒、東西22間・南北1町。
四方田圃なり。

天野沢(あまのさは)

日照屋敷の東2町にあり。
家居1軒。
東南北三方に山(めぐ)り西は平地に続けり。

円田(えんた)

天野沢の北5町20間余にあり。
家数8軒、東西22間・南北2町16間。
東北は山に続き西南は田畠なり。

水利

八箇村堰

金屋村の方より来り田地に(そそ)下谷地村の方に注ぐ。

村北18町余、山中にあり。
円田堤という。
東西25間・南北42間余。
明暦中(1655年~1658年)築く。

神社

鬼渡神社

祭神 鬼渡神?
相殿 伊勢宮
   熊野宮
   諏訪神
鎮座 不明
村北2町にあり。
鳥居拝殿あり。上三宮村高村能登が司なり。

総社神社

祭神
相殿 山神
   帝釈神
鎮座 不明
端村天野沢にあり。
鳥居あり。高村能登が司なり。

寺院

長徳寺

村中にあり。
熱塩村示現寺の末山曹洞宗なり。山號を松林山という。
元和元年(1615年)示現寺16世北磵開基せり。
本尊弥陀客殿に安ず。

観音堂

端村日照屋敷にあり。
草創の始詳ならず
村民の持なり。

古蹟

社跡

端村円田より未申(南西)の方2町にあり。
9間四方の地に3、4尺計の礎石20余残れり。
ここより丑(北北東)の方6町計山上に石宮(いしくう)という字あり。その地に本社ありてこの所は拝殿の跡なりといい伝う。
祭神及び廃せし年月詳ならず。









最終更新:2020年08月12日 09:05