耶麻郡五目組金屋村

陸奥国 耶麻郡 五目組 金屋(かなや)
大日本地誌大系第32巻 118コマ目

府城の北に当り行程6里12町余。
家数17軒、東西2町3間・南北3町32間。
西は赤崎松林に傍ひ北は野辺沢川に臨み東南に田圃(たんぼ)あり。

東5町43間栗生沢村に隣りその村際を界とす。
西は村際・南3町10間、共に赤崎松林に界ふ。
北10町30間野辺沢村の界に至る。その村まで15町20間余。
また
丑(北北東)の方3町25間黒川村の界に至る。その村まで6町10間余。
丑寅(北東)の方3町25間熱塩村の界に至る。その村まで11町余。

山川

野辺沢川

村の丑寅(北東)の方3町計にあり。
野辺沢村の境内より来り、黒川村の間を10町余辰巳(南東)の方に流れ日中川に合す。

関梁

村より寅(東北東)の方3町20間、黒川村の界熱塩温泉に通る街道にあり野辺沢川に架す。
長11間・幅1間。

水利

八箇村堰

村北にて野辺沢川を引き田地に(そそ)針生村の方に注ぐ。

神社

天神社

祭神 天神?
相殿 伊勢宮 3座
   稲荷神
   山神
   金屋神
   安志遠宇神
草創 不明
村北2町にあり。
鳥居あり。上三宮村高村能登これを司る。

古蹟

壇2

一は村より巳(南南東)の方1町余赤崎松林の中にあり。周9間・高1間計、金神壇という。
一は村の亥(北北西)の方5町余にあり。周26間・高1間余、行人壇という。
共に来由詳ならず。


  • Google Map
    • 金屋地区
    • 天神社(北野神社)
    • 金神壇
    • 行人壇
    • 草木塔
      • 全国でも80基、福島県内ではここのみとなる米沢田代地区発祥の供養塔。切り倒した草木を供養する碑との事です。(参考:Wikipediaとクチコミ)
      • 地図上赤崎林三十三石仏群と同じ場所にマークされています。
    • (赤崎林三十三石仏群の一つ?)
    • (赤崎林三十三石仏群の一つ?)
    • (赤崎林三十三石仏群の一つ?)

余談。
安志遠宇神は「あしおう神」と読むかと思いますが、一体何の神様でしょう?
天神社(北野神社)のクチコミを見ると摂社に足王神社があるとの事。足王神社とは岡山に本社がある神社で足名推命(あしなづちのみこと)手名推命(てなづちのみこと)を奉っており、手足の病気平癒の御利益があるとされています。なお足名椎命・手名椎命の2柱は八岐大蛇(やまたのおろち)退治の神話に出てくる夫婦の神で櫛名田比売(くしなだひめ)の両親です
面白いのが、この夫婦神は手長足長という巨人の伝承との結びつきがあるのです。手長足長は福島県では病悩山(磐梯山)に住み着き日光を遮り猪苗代湖の水を降らせるという迷惑な存在で、弘法大師(空海)により磐梯山に封じられたとの伝承があります。今も行われている磐梯町と北塩原村の御神火(ごじんか)祭りの由来に手長足長が関連していたり北塩原では祭りに登場したりしています。ひょっとしたら遥か昔に岡山付近から追われた民族が福島県西部に住み着き、そこでも嫌がらせをして民を苦しめた為に退治された…という話があったのかもしれません。






最終更新:2020年08月11日 20:03