会津郡黒谷組泥島村

陸奥国 会津郡 黒谷組 泥島(どろしま)
大日本地誌大系第31巻 140コマ目

府城の西南に当り行程17里10町。
家数15軒、東西3町・南北45間。
また西2町30間に家居2軒あり。
東西30間・南北30間。
共に東西は田圃(たんぼ)にて南は檜枝岐川に近く北は山に倚る。

東13町12間和泉田組小林村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り1里。
西11間熊倉村の界に至る。その村まで13町。
南4町長濱村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村は未(南南西)に当り6町。
北1里1町48間小川村の山に界ふ。

山川

檜枝岐川

村南3町にあり。
小川村の境内より来り、西に流るること16町50間熊倉村の界に入る。

関梁

船渡場

村南3町にて檜枝岐川を渡す。
隣村の通路なり。

古蹟

館跡

村中にあり。
東西20間・南北22間。
何の頃にか齋藤久太郎某という者住せしといえども詳ならず。