会津郡黒谷組熊倉村

陸奥国 会津郡 黒谷組 熊倉(くまくら)
大日本地誌大系第31巻 140コマ目

府城の西南に当り行程17里25町。
家数21軒、東西2町20間・南北15間。
山麓に住し南は檜枝岐川に近し。

東9町泥島村の界に至る。その村まで13町。
西4町300間荒島村の界に至る。その村まで18町。
南1町40間長濱村に界ひ檜枝岐川を限りとす。
北30町小川村の山に界ふ。

小名

(おき)

本村の西8町にあり。
家数4軒、東西1町・南北5間。
山麓に住し南は檜枝岐川に近し。

熊倉新田(くまくらしんでん)

本村の東8町にあり。
家数2軒、東西30間・南北5間。
山麓に住し檜枝岐川に近し。
(寛文の頃(1661年~1673年)までは格村なり。何の頃にかこの村に属す旨趣詳ならず)

山川

檜枝岐川

村南1町10間にあり。
泥島村の境内より来り、西に流るること7町荒島村の界に入る。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 熊野宮
鎮座 不明
村東2町にあり。
鳥居あり。黒谷村木津式部が司なり。

山神社

祭神 山神?
相殿 若宮八幡
鎮座 不明
小名熊倉新田の北40間にあり。
鳥居あり。木津式部が司なり。

古蹟

館跡

村中にあり。
東西30間・南北18間。
永禄の頃(1558年~1570年)目黒七十郎という者住せしといえども詳ならず。