会津郡黒谷組荒島村

陸奥国 会津郡 黒谷組 荒島(あらしま)
大日本地誌大系第31巻 140コマ目

府城の西南に当り行程18里。
家数10軒、東西3町・南北1町。
南は檜枝岐川に臨み北は山に倚り東西は田圃(たんぼ)なり。

東12町30間熊倉村の界に至る。その村まで18町。
西12町小川村の界に至る。その村まで22町。
南3間長濱村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村まで8町。
北10町小川村の山に界ふ。

山川

檜枝岐川

村南に在り。
熊倉村の境内より来り、西に流るること23町小川村の界に入る。

関梁

船渡場

村南にて檜枝岐川を渡す。
府下の通路なり。

神社

山神社

祭神 山神?
相殿 稲荷神 2座
鎮座 不明
村の丑寅(北東)の方1町にあり。
鳥居あり。黒谷村木津式部が司なり。

旧家

源吉

この村の農民なり。
先祖を星右近某といい代々山内氏に仕ふ。
天正中(1573年~1593年)伊達政宗が将、大波玄蕃・山内氏勝が横田の城を攻めし時(天正17年(1589年)か?)、右近、大垣雅楽・石伏監物等と防戦ひ終に敵を敗る。
右近より8代にして今の源吉に至りしという。