会津郡黒谷組黒沢村

陸奥国 会津郡 黒谷組 黒沢村
大日本地誌大系第31巻 142コマ目

府城の西南に当り行程19里18町。
家数15軒、東西1町20間・南北1町30間。
東北は山に倚り西南は檜枝岐川に近し。

東1里18町小川村の山界に至る。その村は辰(東南東)に当り32町30間。
西7町10間只見村の界に至る。その村まで12町。
南5町40間楢戸村の界に至る。その村まで12町。
北25町本郡大塩組寄岩村の山界に至る。その村まで2里15町。

山川

柴倉山(しはくらやま)

村北13町にあり。
頂まで8町。
只見村と峯を界ふ。

檜枝岐川

村南4町40間にあり。
小川村の境内より来り、戌亥(北西)の方に流るること17町只見川に入る。

黒沢(くろさわ)

村北4町40間にあり。
源は境内の山中より出て、西に流るること1里18町檜枝岐川に入る。
広3間。

神社

若宮八幡宮

祭神 若宮八幡?
鎮座 不明
村北30間にあり。
鳥居あり。黒谷村木津式部が司なり。

寺院

重福寺

村北20間余にあり。
浄土真宗月光山と號す。
古町組宮床村安照寺の末寺なり。
文禄3年(1594年)親京と云う僧開基す。
本尊弥陀画像客殿に安す。