会津郡熨斗戸組伊与戸村

陸奥国 会津郡 熨斗戸組 伊与戸(いよと)
大日本地誌大系第31巻 113コマ目

府城の西南に当り行程17里25町。

東西2区に住しその間50間を隔つ。
東の1区。家数9軒、東西30間・南北25間。
西の1区。家数7軒、東西23間・南北30間。
共に山間に住し北に立岩川あり。

東2町森戸村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り10町。
西16町熨斗戸村の山に界ふ。
南1里余戸中村の山界に至る。その村は西に当り29町。
北1町30間熨斗戸村に界ひ立岩川を限りとす。その村まで2町。

山川

立岩川

村北1町30間にあり。
森戸村の境内より来り、西に流るること18町、熨斗戸村の界に入る。

深沢(ふかさわ)

村より辰巳(南東)の方21町にあり。
源は境内の山中より出て、北に流るること1里余、立岩川に入る。
広4間計。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 八王子神
鎮座 不明
西の1区より巳午(南南東~南の間)の方1町計にあり。
鳥居あり。井桁村阿久津和泉が司なり。

寺院

観音堂

東の1区にあり。
造立の年月知らず。
井桁村自源寺司なり。

地蔵堂

西の1区にあり。
草創の年月詳ならず。
自源寺司なり。