会津郡熨斗戸組小高林村

陸奥国 会津郡 熨斗戸組 小高林(こたかはやし)
大日本地誌大系第31巻 118コマ目

府城の西南に当り行程20里24町。
家数20軒。東西50間・南北1町30間。
山間に住し西北に西根川あり。

東7町・北5町30間、共に介木生村の界に至る。その村は北に当り11町50間。
西11町古町組大桃村の山に界ふ。
南2町10間木賊村の界に至る。その村まで18町40間。

山川

西根川

村西1町にあり。
木賊村の境内より来り、北に流れ東に折れ、また北に転じ介木生村の界に入る。
境内を経ること4町40間計。

関梁

村北1町、隣村の通路西根川に架す。
崩橋(くづれのはし)という。
長8間。
丸木橋なり。
傍に数丈の巉巌(ざんがん)あり。
中に一の怪石特立し、朝夕の陰晴(いんせい)に神の形を見ることありとて、土人崩岩権現と称し崇敬することおほかたならず。

神社

諏訪神社

祭神 諏訪神?
鎮座 不明
村東1町にあり。
鳥居あり。木賊村星安藝が司なり。