会津郡熨斗戸組河衣村

陸奥国 会津郡 熨斗戸組 河衣(かはきぬ)
大日本地誌大系第31巻 118コマ目

この村は深山の奥にて三方に高山(そばだ)ち、北一方木賊村に通じ、天気晴朗なれば20里余を隔て飯豊山(奥羽越三州に跨る)煙靄(えんあい)の外に見ゆ。
地形の高きを想うべし。

府城の西南に当り行程21里6町。
家数18軒、東西1町・南北2町。
山中に住し東に西根川あり。

東1里計水引村の山に界ふ。
西1里計・南1里計・北4町40間、共に木賊村の界に至る。その村は北に当り20町20間余。

山川

西根川

村東1町にあり。
木賊村の境内より来り、糸沢・あらいと沢・あら沢等来り注ぎ、北に流るること1里、また木賊村の界に入る。

土産

小羽板

境内の山中にある黒檜を割て府下に(ひさ)ぐ。
昔は古町組檜枝岐村に限れり。今はこの村よりも出す。

関梁

村南2町西根川に架す。
長7間。
丸木橋にて農事の便とす。

神社

諏訪神社

祭神 諏訪神?
鎮座 不明
村北3町にあり。
鳥居あり。木賊村星安藝が司なり。