会津郡古町組宮床村

陸奥国 会津郡 古町組 宮床(みやとこ)
大日本地誌大系第31巻 124コマ目

府城の西南に当り行程18里26町。
家数24軒、東西1町・南北1町50間。
東は山に連なり西は檜枝岐川に()ひ南北田圃(たんぼ)なり。

東3町・南2町、共に山口村の界に至る。その村は未(南南西)に当り26町。
西2町鴇巣村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村は未申(南西)に当り4町。
北7町和泉田組界村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り9町。

山川

檜枝岐川

村西2町にあり。
山口村の境内より来り、北に流るること14町余、界村の界に入る。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 山神
   八龍神
勧請 不明
村より丑(北北東)の方3町にあり。
鳥居あり。界村渡部信濃が司なり。

愛宕神社

祭神 愛宕神?
鎮座 不明
村より巳(南南東)の方3町岩山の頂にあり。
この地眺望やや広く西北の麓に和泉田組の諸村碁布(きふ)し檜枝岐川の長流あり。最勝(さいしょう)愛すべし。
木伏村蓮華院司る。

寺院

安照寺

村北8町にあり。
来迎山と號す。
伊勢国高田山専修寺の末寺浄土真宗なり。
草創の年代詳ならず。
天文2年(1533年)中興せり。

客殿

7間に6間半、西向。
本尊弥陀。

寶物

六字名號 1幅。親鸞筆。
聖徳太子画像 1幅。同上。
彌陀畵像 1幅。筆者を知らず。古畵なり。

墳墓

古墓

村南50間にあり。
石塔、高5尺・幅1尺8寸。
『覺宗院清巌浄相芳山大居士弘治元乙卯七月十六日馬場越中守藤原綱茂』と彫付けあり。
後人の建てしものと見ゆ
※弘治元年=1555年

古墳

館跡

村中にあり。
東西30間・南北35間。
永正の頃(1504年~1521年)、馬場綱茂住せしと云う。