会津郡和泉田組界村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 和泉田組 (さかひ)
大日本地誌大系第31巻 132コマ目

この村もと堺に作る。寛文中(1661年~1673年)今の字に改めき。
伊南郷と伊北郷の界なる(ゆえ)名けりと云う。

府城の西南に当り行程20里21町。
家数21軒、東西1町・南北3町50間。
三方は山に傍ひ西に田圃(たんぼ)あり。

東1知18町大沼郡野尻組大芦村に界ひ鳥井峠を限りとす。その村まで3里。
西7町30間小野島村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村まで9町。
南8町古町組鴇巣村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り13町。
北8町20間片貝村の山界に至る。その村は戌亥(北西)に当り50町。

小名

宇和田(うわた)

本村の北9町50間にあり。
家数3軒、東西32間・南北25間。
山麓に住し戌亥(北西)の方片貝村の小名宇和田に続く。

端村

虻宮(あぶのみや)

本村の北5町30間にあり。
家数17軒、東西45間・南北1町。
東は山に倚り三方に田畠あり。

山川

鳥井峠(とりいとうげ)

村東より漸々に登ること1里18町ここを越て野尻組の諸村に通る。

檜枝岐川

村西7町30間にあり。
古町組宮床村の境内より来り、北に流れ西に転じ鹿野水沢と得て片貝村の界に入る。
境内を経ること19町。

鹿野水沢(かのみづさわ)

村より戌(西北西)の方2町にあり。
水源2あり。
一は村より巳(南南東)の方十文字(しふもんし)という処より流出づ。
一は辰(東南東)の方大谷地という処より出づ。
2水合し西に流るること2里計檜枝岐川に注ぐ。
広2間。

関梁

村より戌(西北西)の方6町鹿野水沢に架す。
長5間・幅1間2尺。
府下の通路なり。

神社

鹿島神社

祭神 鹿島大明神
草創 天養元年(1144年)
端村・虻宮にあり。
天養元年(1144年)の草創にて棟札に『奉勸請󠄁鹿島大明神天養元年甲子十一月吉祥日天下泰平國家豊饒民安全願主敬白』とあり。
何人の勧請せしことを知らず。
旱歳諸の山川にて雨を祈るに験なきときはこの社及び二間在家村若宮八幡宮・梁取村観音堂の境内に(あつ)まり、祭禮の時獅子躍を法楽(ほうらく)*1に供ふべしとて祈誓(きせい)*2すれば必ず応ありという。
祭禮7月20日なる。

石鳥居

両柱の間1丈

本社

1間四面西向

弊社

2間に1間半

拝殿

5間に2間

末社 若宮八幡宮

祭神 若宮八幡?
本社の辰巳(南東)の方にあり

神職 渡部信濃

延寶中(1673年~1681年)権大夫某という者当社の神職となる。
今の信濃義興は6世の孫なりという。

山神社

祭神 山神?
相殿 三島神
鎮座 不明
村東にあり。
鳥居あり。渡部信濃が司なり。


最終更新:2020年04月26日 04:17

*1 仏の教えを信じ行うことによってえられる喜び,楽しみを意味する仏教用語

*2 神仏に祈って、心に誓いを立てること。願立て