会津郡古町組山口村

陸奥国 会津郡 古町組 山口(やまくち)
大日本地誌大系第31巻 123コマ目

府城の西南に当り行程18里。
家数16軒、東西30間・南北1町39間。
東は山に倚り西は檜枝岐川に近く南北田圃(たんぼ)なり。
村中に官より令せらるる掟条目の制札を()く。

東1町中小屋村の界に至る。その村まで9町。
西3町大橋村に界ひ檜枝岐川を限りとす。
南6町46間大新田村の界に至る。その村まで12町30間。
北3町鴇巣村に界ひ檜枝岐川を限りとす。
また丑(北北東)の方24町宮床村の界に至る。その村まで26町。

もと村北20町余に北原と云う端村あり。
何の頃にか端村・台に移せり。

小名

山口(しもやまくち)

本村より丑(北北東)の方20間余にあり。
家数11軒、東西25間・南北1町50間。
山麓に住す。

端村

板橋(いたはし)

下山口の丑(北北東)の方3町30間余にあり。
家数13軒、東西30間・南北1町42間。
山麓に住す。

(たい)

板橋より丑(北北東)の方2町20間余にあり。
2区に住しその間30間を隔つ。
南の1区。家数5軒、東西40間・南北1町。
北野1区。家数14軒、東西20間・南北3町。
共に山麓に住す。

山川

檜枝岐川

村西3町にあり。
大新田村の境内より来り、北に流れ丑寅(北東)の方に折れ、地蔵沢(ちさうさわ)北沢(きたさわ)を得て、30町50間を流れ宮床村の界に入る。

戸山川(とやまかわ)

中小屋村の境内より来り、町屋沢(まちやさわ)濁沢(にごりさわ)を受け村中を過て、北に流るること10町檜枝岐川に入る。
広9間。
「いはな」を産す。

大石沢(おほしさわ)

村より丑(北北東)の方9町50間にあり。
源は境内の山中より出て、戌亥(北西)の方に流るること1里18町、戸山川に入る。
広3間。

関梁

村中、戸山川に架す。
長10間・幅1間。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 日光神
鎮座 不明
村西1町余にあり。
鳥居あり。古町村法導院司なり。

若宮八幡宮

祭神 若宮八幡?
相殿 伊勢宮
   鹿島神
鎮座 不明
端村板橋の丑寅(北東)の方3町にあり。
鳥居あり。界村渡部信濃が司なり。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
板橋の丑寅(北東)の方4町にあり。
鳥居あり。村民の持なり。

古蹟

館跡

村の丑(北北東)の方2町10間余にあり。
東西40間・南北29間。
天正の頃(1573年~1593年)山口右京某という者住すといえども詳ならず。

古戦場

村南6町に答崎(いらへがさき)という所あり。
また、その北5町に光明院塚あり。
天正17年(1589年)長沼秀盛河原田盛次が勢と戦て敗走せし地なり。