会津郡和泉田組富山村

陸奥国 会津郡 和泉田組 富山(とみやま)
大日本地誌大系第31巻 133コマ目

府城の西南に当り行程20里余。
東西2区に住しその間1町30間を隔つ。
東を上當山(かみとみやま)と云う。
家数4軒、東西1町5間・南北40間。東は片貝村に続く。
西を下當山(しもとみやま)と云う。
家数12軒、東西3町・南北51間。
共に南は檜枝岐川に()ひ北は山に近く西に田圃(たんぼ)あり。

西3町35間和泉田村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村まで8町。
南2町片貝村の界に至る。
北8町下山村の山界に至る。その村は戌亥(北西)に当り20間余。

山川

檜枝岐川

村の未申(南西)の方1町30間にあり。
片貝村の境内より来り、戌(西北西)の方に流るること7町下山村の界に入る。

神社

伊夜彦神社

祭神 天香山命
相殿 伊勢宮
   稲荷神
鎮座 不明
村北1町余にあり。
何れ頃の鎮座にか知らず。
鳥居あり。界村渡部信濃これを司る。

若宮八幡宮

祭神 若宮八幡?
鎮座 不明
村の丑寅(北東)の方1町にあり。
鳥居あり。片貝村不動寺司なり。