会津郡和泉田組布沢口村

陸奥国 会津郡 和泉田組 布沢口(ふさはくち)
大日本地誌大系第31巻 135コマ目

府城の西南に当り行程16里31町。
家数9軒、東西1町24間・南北52間。
山間に住し南に布沢川あり。

東5町40間滝原村の山界に至る。その村は寅(東北東)に当り16町。
西7町30間小林村に界ひ布沢川を限りとす。その村は南に当り17町30間。
南10町小林村の山に界ふ。
北25町大沼郡大塩組山入村の山界に入る。その村まで1里25町。

小名

高砂子(たかさこ)

本村より寅(東北東)の方1町30間にあり。
家数3軒、東西46間・南北43間。
山間に住し南に布沢川あり。

假休(かりやす)

高砂子の辰巳(南東)の方1町余にあり。
家数9軒、東西53間・南北1町2間。
山間に住し北に布沢川あり。

山川

内越峠(うちごえとおげ)

村北10町にあり。
頂まで25町。ここを越て山入村に往く。
この村と峯を界とす。

布沢川

村南1町にあり。
滝原村の境内より来り内越沢・駒居沢(こまきのさわ)假休沢(かりやすさわ)等これに注ぎ、未(南南西)の方に流るること16町余檜枝岐川に注ぐ。
鰥・杜父魚を産す。

檜枝岐川

村の未申(南西)の方7町30間にあり。
小林村の境内より来り、西に流るること1町、また小林村の界に入る。

関梁

橋2

共に布沢川に架す丸太橋なり。
一は村より申(西南西)の方6町30間にあり。長11間、府下の通路なり。
一は村より辰(東南東)の方2町10間余、小名假林に通る路にあり。長8間丸木橋なり。

神社

若宮八幡宮

祭神 若宮八幡?
勧請 不明
村より未(南南西)の方30間にあり。
鳥居あり。界村渡部信濃が司なり。