会津郡楢原組板倉村

陸奥国 会津郡 楢原組 板倉(いたくら)
大日本地誌大系第31巻 97コマ目

府城の南に当り、行程7里21町。
家数16軒、東西28町・南北町。
山中に住し東は戸石川に()ひ三方田圃(たんぼ)なり。

東5町倉谷村の山に界ふ。
西2町・北1町、共に小池村の界に至る。その村は西に当り3町。
南1町萩原村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り3町。

山川

戸石川

村東1町余にあり。
小池村の境内より来り、南に流るること2町、萩原村の界に入る。

神社

鬼渡神社

祭神 鬼渡神?
相殿 日光神
鎮座 不明
村西1町30間にあり。
鳥居あり。水抜村星河内これを司る。