会津郡中荒井組宮袋新田村

陸奥国 会津郡 中荒井組 宮袋新田(みやふくろしんでん)
大日本地誌大系第31巻 41コマ目

この村は寛永元年(1624年)宮袋村の境内にて新墾せし所という。

府城の西に当り行程1里30町。

5区に分る。
南の1区。家数3軒、東西15間・南北48間。
その西10間余に1区あり。家数4軒、東西20間・南北48間。
その北2町40間余に1区あり。家数2軒、東西19間・南北18間。
その東1町30間に1区あり。家数2軒、東西36間・南北15間。
ここより10間余丑(北北東)の方に1区あり。家数3軒、東西30間・南北25間。
共に西南は宮川に()ひ東北は田圃(たんぼ)なり。

東39間・北27間、共に十二所新田村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り7町。
西30間・南2町14間、共に大沼郡高田組境野村に界ふ。

山川

宮川

村西にあり。
宮袋村の境内より来り、西に流れ北に転じ12町余を流れ、十二所新田村の境内に入る。