会津郡小出組小野村

陸奥国 会津郡 小出組 小野(おの)
大日本地誌大系第31巻 82コマ目

府城の南に当り行程6里18町。
家数6軒、東西14間・南北52間。
小野嶽の半腹より少し下に住す。村名これに因るとぞ。

東4町弥五島組田代村に界ひ大川を限りとす。
西1里楢原組大内村の界に至る。その村まで1里8町余。
南7町湯原村の界に至る。その村まで16町。
北9町30間小出村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り18町。

山川

小野嶽

村の戌亥(北西)に当り、頂まで大抵1里計。
古木茂りて登ることを得ず。

大川(おほかわ)

村南4町にあり。
湯原村の境内より来り、東に流れ北に転じ、2町計を経て鶴沼川に合し鶴沼川となる。
広50間余。

鶴沼川

田代村の境内より来り、村東にて大川を得、北に流るること10町小出村の界に入る。

小野沢(おのさわ)

村西7町計にあり。
大内村の山中より源を発し東に流れ小出村の境内に至り大川に入る。
境内を経ること1里10町。
広3間計。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 山神
   幸神
鎮座 不明
村の戌亥(北西)の方20間計にあり。
鳥居あり。大沢村星大和が司なり。

寺院

観音堂

村より戌亥(北西)の方にあり。
石階を経て登る。
堂、3間2尺1寸四面。
拝宇、5間半に2間半。
建立の年代詳ならざれども榱椽の制、古樸にして佳麗の堂宇なり。
また漆塗の古佛器あり。旱魃の時洗えば雨降るとぞ。
佛像は往古より深く秘して見ることを許さず。
村民の持なり。

墳墓

古墓2

一は観音堂の後ろにあり。
高4尺・幅2尺。
自然石にて表に梵篆1を()れり。
土人相伝て朝日長者の墓という。

一は村東菜圃(さいほ)の中にあり。
大きさ前に同じ。文字なし。
長者の妻の墓といい伝う。

今に小野嶽の頂に長者屋敷の字あり(本郡の条下を併せ見るべし)。




小野嶽・長者屋敷について

一部抜粋
 その昔、允恭天皇(西暦374年)の頃、奥会津小野嶽(標高1,383m)の山頂に朝日長者と娘の夕日姫が住んでいたところ、有宇(ありう)という貴族が館の前を通りかかり一夜の宿を求めました。有宇はしばらく館に逗留していましたが、その間に夕日姫と相思相愛の仲となり、一子をもうけるようになりました。
やがて有宇はどうしても一度都へ行かねばならなくなり、秘蔵の観音像を長者に託して旅立ちましたが、旅の途中で熱病にかかり死んでしまい、それを伝え聞いた夕日姫もまた、同じ熱病にかかり死んでしまいました。
 朝日長者は残された赤子にやる乳もなく、赤子を抱いて困り果て、思わず有宇の残していった観音像に手を合わせました。
 そうしたある日、一人の女中が長者を尋ねて、赤子に乳を飲ませました。女中はそのまま一年ほど逗留し、やがて赤子が乳離れできるようになると、「私は以前貴方に助けられた小野嶽に住む母猿です。このたびはその時の恩返しで参りました。私は山の仲間の所へ帰ります。」といって朝日長者のもとを去っていきました。
 朝日長者はその母猿に育てられた子に猿丸太夫と名付け、屋敷の敷地にお堂を建て、そこに有宇のかたみの観音像を奉ったとのことです。
なお、朝日長者と猿丸大夫の話は日光の方が有名だったりします。
柳田国男氏が伝承をまとめたもの出版しています。
猿丸大夫(Wikipedia)。
柳田国男先生著作集. 第10冊 (神を助けた話)(まだ未公開)