大沼郡中荒井組梁田村

陸奥国 大沼郡 中荒井組 梁田(やなた)
大日本地誌大系第33巻 28コマ目

府城の西に当り行程2里18町。
家数18軒、東西1町6間・南北1町36間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東4町10間高田組新屋敷村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り8町。
西2町18間小沢村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り3町。
南18間高田組立行事村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り7町30間。
北48間大石目村に隣りその村際を界とす。

山川

逆瀬川(さかせかわ)

村の未(南南西)の方50間余にあり。
小沢村の境内より来り、2町余東に流れ立行事村の界に入る。
広10間余。

神社

登我和乃神社(とかわのじんじゃ)

祭神 大己貴命
相殿 伊勢宮 4座
   熊野宮 2座
   若宮八幡 2座
   稲荷神 2座
   宗像神 2座
   御稷神
   山神
   石神
   富士神
   白山神
   関神
鎮座 不明
村中にあり。
鳥居あり。宮下村渡部出羽これを司る。

寺院

六地蔵堂

登我和乃神社の北にあり。
創立の年代詳ならず。
河沼郡坂下組坂下村定林寺これを司る。

古蹟

館跡

村中にあり。
東西40間・南北40間余。
民家となれり。
千代和泉守という者住せしという。

今、村西1町墓所の中に石塔2あり。
一には『慶雲院殿徳巖源祐居士天文十八五月二日千代和泉守包直』、一には『光岸院殿沿正機居士慶長七年八月十日千代和泉守包家』と彫付けあり。