大沼郡高田組立行事村

陸奥国 大沼郡 高田組 立行事(たちきやうし)
大日本地誌大系第33巻 25コマ目

この村昔伊豆神社ありて立行寺という社僧ありし(ゆえ)立行寺村といい、寛文中(1661年~1673年)今の文字とす。

府城の西に当り行程2里21町。
家数34軒、東西2町6間・南北1町1間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東4町6間・北2町12間、共に新屋敷村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り6町10間。
西5町18間沖中田村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り10町。
南5町1間根岸中田村の界に至る。その村まで13町40間余。
また辰(東南東)の方1町阿久津村の界に至る。その村まで7町20間。

昔この村の草刈場及び水を争いし事あり。
肝煎長右衛門が家にその時の文書3通を蔵む。
左に録す(※略)

端村

出新田(でしんでん)

本村より3町余亥(北北西)の方にあり。
家数2軒、東西1町余・南北2町6間。
四方田圃にて西は逆瀬川に近し。
寛永2年(1625年)に開く。

山川

兵庫林

村西3町余にあり。
地形高く1堆の丘の如く。
雑木多し。
昔兵庫という者住せし所(ゆえ)名遺るという。今何人なることを詳にせず。
沖中田村の境内に長者清水と云あり、彼が園中なりしとぞ。

逆瀬川

村より3町20間戌亥(北西)の方にあり。
本郡中荒井組梁田村の境内より来り、戌亥(北西)の方より南に回り、凡8町余流れ沖中田村の界に入る。

衣崎

村西逆瀬川の(きし)の出崎なり。
昔空海逆瀬川村の山上に伽藍を造立し、この地の殺生を禁せんとて、ここにて法衣を焼き流せしとぞ。

水利

村より3町余申(西南西)の方にあり。
周105間。
萬治元年(1658年)に築く。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 伊勢宮
   稲荷神
   伊豆神
   宗像神
   幸神
鎮座 不明
村西3町余にあり。
鳥居拝殿あり。高田村渡邊伊予が司なり。

寺院

長傳寺

村中にあり。
立行山と號す。
永正中(1504年~1521年)伊豆權現の社僧立行寺の僧草創せりとぞ。
五之町高巖寺の末山浄土宗なり。
本尊弥陀客殿に安ず。