大沼郡中荒井組小沢村

陸奥国 大沼郡 中荒井組 小沢(おさは)
大日本地誌大系第33巻 29コマ目

府城の西に当り行程2里18町。

南北2区に住す。その間2町40間を隔つ。
南を上小沢という。
家数24軒、東西2町10間・南北1町51間。
北を下小沢という。
家数25軒、東西2町18間・南北1町30間。
共に四方田圃(たんぼ)なり。

東2町24間大石目村に隣りその村際を界とす。
西1町40間出戸田沢村の界に至る。その村は亥(北北西)に当り10町30間余。
南7町54間高田組逆瀬川村の界に至る。その村は未(南南西)に当り16町20間余。
北6町24間河沼郡牛沢組水島村の界に至る。その村まで9町10間余。
また寅(東北東)の方村際にて蕎麦目村に界ふ。その村まで3町30間。
辰(東南東)の方40間梁田村の界に至る。その村まで3町。

山川

逆瀬川

村西3町30間にあり。
逆瀬川村の境内より来り、6町余丑寅(北東)に流れ梁田村の界に入る。
広10間余。

寺院

光明寺

上小沢にあり。
泉龍山と號す。天台宗高田組高田村龍興寺の門徒なり。
何れの頃にか亮圓という僧剏建し、永禄12年(1569年)弘範という僧住せりという。
聖徳太子を本尊とし客殿に安ず。