大沼郡東尾岐組岩淵村

陸奥国 大沼郡 東尾岐組 岩淵(いはふち)
大日本地誌大系第33巻 39コマ目

府城の西南に当り行程3里6町。
家数5軒、東西30間・南北50間。
三方に山(めぐ)り北は田圃(たんぼ)なり。

東2町3間北村の界に至る。その村まで3町10間余。
西4町18間冑組尾岐窪村の界に至る。その村は未(南南西)に当り7町。
南7町10間尾岐窪村の山に界ふ。
北2町44間冑組上杉原村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り7町。

小名

堀込(ほつこめ)

本村より戌(西北西)の方1町50間余にあり。
家数7軒、東西45間・南北58間余。
南に山を負い三方田圃なり。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 日光神
鎮座 不明
村より寅(東北東)の方1町余山麓にあり。
鳥居あり。寺入村佐藤日向が司なり。

古蹟

館跡

村西1町50間余山上にあり。
東西38間・南北45間。
赤館(あかやかた)という。
何人の住せしということ知らず。
今は木立茂れり。


  • Google Map