大沼郡大谷組芋小屋村

陸奥国 大沼郡 大谷組 芋小屋(いものこや)
大日本地誌大系第33巻 61コマ目

府城の西に当り行程7里17町余。
家数11軒、東西33間・南北1町20間。
山間に住す。
東は中川に()ひ南北に田圃(たんぼ)あり。

東2町7間大成沢村の山に界ふ。
西8町48間冑中村の山に界ふ。
南3町7間大成沢村の界に至る。その村まで6町10間余。
北8町18間冑中村の界に至る。その村まで20町10間余。

この村の名主市之丞という者、上杉氏・蒲生氏・加藤氏の時の證文38通を蔵む。今その1、2を下に出す(※略)


山川

中川

村東20間にあり。
大成沢村の境内より来り、北に流るること29町冑中村の界に入る。

関梁

村南3町余、中川に架す。
長9間・幅8尺。
隣村の通路なり。

神社

赤城神社

祭神 赤城神?
鎮座 不明
村中にあり。
鳥居拝殿あり。砂子原村三浦大隅これを司る。

寺院

地蔵堂

村中にあり。
創建の年月詳ならず。
村民の持なり。