大沼郡野尻組両原村

陸奥国 大沼郡 野尻組 両原(りやうはら)
大日本地誌大系第33巻 65コマ目

この村昔佐倉村の端村なり。後格村となり原村といい、その後飱丸村の端村原を合せて1村となし、それより()く名くという。

府城の西南に当り行程10里。
家数27軒、東西1町35間・南北2町。
内川を挟み住す。
東北は山に傍ひ西南に田圃(たんぼ)あり。

東10町小野川村の山界に至る。その村は丑寅(北東)に当り1里5町。
西9町40間大芦村の界に至る。その村まで21町50間。
南2里4町会津郡高野組高野村の山界に至る。その村は辰巳(南東)に当り4里18町。
北2町10間飱丸村の界に至る。その村まで7町30間。

山川

明王山(みやうわうやま)

村南11町にあり。
頂まで5町。大芦村と峯を界ふ。

内川

船鼻山(ふねがはなやま)の中白森(しろもり)という所より源を発し、村中を過ぎ1里18町亥(北北西)の方に流れ飱丸村の界に入る。

関梁

橋2

共に村中内川に架す。
一は長6間・幅6尺。
一は長6間・幅5尺。

神社

八幡宮

祭神 八幡宮?
鎮座 不明
村東30間余にあり。
石鳥居拝殿あり。村民の持なり。

山神社

祭神 山神?
勧請 不明
村より未(南南西)の方1町20間にあり。
村民の持なり。