大沼郡野尻組大芦村

陸奥国 大沼郡 野尻組 大芦(おほあし)
大日本地誌大系第33巻 65コマ目

府城の西南に当り行程11里。
4区に住す。
東の端を中見沢(なかみさは)という。
家数12軒、東西1町42間・南北50間。
ここより1町20間余西を山崎(やまさき)という。
家数17軒、東西1町・南北2町1間。
ここより2町10間余西を中組(なかくみ)という。
家数21軒、東西1町43間・南北2町15間。
ここより30間余西を赤田(あかた)という。
家数19軒、東西1町16間・南北1町。
四方に山(めぐ)り村中を見沢川流る。

東12町10間飱丸村の界に至る。その村まで21町50間。
西1里18町会津郡和泉田組界村に界ひ鳥井峠を限りとす。その村まで3里。
南1里333町会津郡高野組大豆渡村に界ひ転石峠を限りとす。その村まで3里13町。
北1里下中津川村の山に界ふ。

木地小屋

松沢(まつさは)

本村の南1里8町にあり。
家数6軒、東西30間・南北46間。
山中に住す。

山川

舟鼻山(ふねがはなやま)

村より辰(東南東)の方1里20町にあり(会津郡の条下に詳なり)。

大山(おほやま)

村より未(南南西)の方18町にあり。
頂まで1里3町。
また村の巳(南南東)の方に能山(のうやま)という山あり。大山よりやや卑し。
共に鷹の巣を架する所なり。

転石峠(ころふしとおげ)

村南1里18町にあり。
登ること15町。
大豆渡村にゆく道なり。

鳥居峠(とりいとおげ)

村西34町にあり。
登ること20町。
界村にゆく道なり。

玉川(たまかわ)

村西2町にあり。
能山より源を発し、北に流るること3里下中津川村の界に入る。
広4間。

見沢川(みさはかわ)

村中にあり。
舟鼻山より流れ出、和沢(わのさわ)松沢(まつさわ)の2水北より来り注ぎ、総て2里18町亥(北北西)の方に流れ玉川に入る。
広3間。

原野

小矢原(こやのはら)

村より丑寅(北東)の方4町30間にあり。
東西5町・南北6町余。

関梁

橋3

一は中見沢の西1町見沢川に架す。長8間・幅6尺。
一は山崎の村中和沢に架す。長6間・幅6尺。
一は中組の西松沢に架す。長7間・幅6尺。
共に村中の通路なり。

神社

山神社

祭神 山神?
相殿 熊野宮
勧請 不明
中見沢の東1町40間にあり。
石鳥居あり。小中津川村束原石見が司なり。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
中組にあり。
石鳥居拝殿あり。村民の持なり。



余談。
昭和村あんじゃこんじゃによれば、大向地区に、熊野神社と書かれた額を持つ権現様の社があるそうです。