大沼郡大石組本名村

陸奥国 大沼郡 大石組 本名(ほんな)
大日本地誌大系第33巻 69コマ目

府城の西に当り行程13里4町余。
家数46軒、東西5町・南北3町。
西北は山に倚り東南は田圃(たんぼ)にて只見川に近し。

東8町・南3町、共に西谷村に界ひ只見川を限りとす。その村は辰巳(南東)に当り7町。
西28町大塩組大塩村の界に至る。その村まで1里35町。
北3里15町越後国蒲原郡上條組室谷村の山に界ふ。

小名

舟戸(ふなと)

本村の東50間余にあり。
家数7軒、東西23間・南北25間。
東南は只見川に傍ひ西は田圃(たんぼ)なり。

夏井(なつい)

本村より寅(東北東)の方1町40間余にあり。
家数5軒、東西18間・南北30間。
北は山に倚り東南は田他三河に傍ふ。

端村

湯倉(ゆくら)

本村の西南16町にあり。
家数5軒、東西50間・南北22間。
西北は山に倚り東南は只見川に傍ふ。
川邊より温泉湧出す。因て斯く名つけしとぞ。

三條(さんてう)

本村より戌(西北西)の方1里10町にあり。
家数9軒、東西1町3間・南北12間。
山間に住し南にに菜圃(さいほ)を開く。

山川

御神楽嶽(みかくらがたけ)

村より戌亥(北西)の方7里18町にあり。
頂に2の沼あり。
一は東沼と唱え、一は西沼と唱ふ。
この山奥越の2州に跨り峯を限りとす(蒲原郡の条下に詳なり)。
また山続きに笠倉(かさくら)という山あり。
共に越後国に跨る。

樋戸山(ひとやま)

村西にあり。
頂まで15町。
岩山にして頂に松樹多し。

只見川

村より巳(南南東)の方3町にあり。
大塩村の境内より来り、東北に流るること1里1町河口村の界に入る。

温泉

端村湯倉の西3町にあり。
只見川の邊岩間より湧出つ。

原野

秣場

村の辰巳(南東)の方1町にあり。
東西3町20間・南北30間余。

関梁

橋2

一は村中にあり。
長12間、下沢(しものさわ)という渓流に架す。
一は村西17町、霧来沢(きりきたさわ)という渓流に架す。
長17間。
共に村中の通路、丸木橋なり。

船渡場

2ヶ所あり。
一は村より未(南南西)の方、大塩組越河村の通路にあり。
一は村より辰(東南東)の方、西谷村の通路にあり。
共に只見川を渡す伊北郷より府下に通る路なり。

水利

関口堰

村より西北の方にて下沢という渓水を引き田地の用水となし只見川に注ぐ。
寛文8年(1668年)家士関藤右衛門成義という者この地に奉行たる時この堰を穿ちしより水田始て闢け、1村その地を蒙ること大方ならず。これに因て村民成義が徳を慕て彼が成功の次第ならびに世系履歴を石に刻て堰の傍に立つ。その文左に載す(※略)。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 山神
草建 不明
村北1町20間余にあり。
鳥居拝殿あり。河口村渡部丹波が司なり。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村西にあり。
村民の持なり。

寺院

高現寺

村中にあり。
開基詳ならず。
天文19年(1550年)榮玄という僧再興す。
道場小路観音寺の末寺真言宗なり。
山號を北林山という。
本尊正観音客殿に安ず。

毘沙門堂

村東3町にあり。
建立の年月詳にせず。
村民の持なり。

旧家

藤左衛門

横田土佐某が子孫にてこの村の農民なり。
土佐は山内氏勝の支族にて氏勝に従て終始心を替ず攻戦の毎度戦功多し。
天正18年(1590年)松坂峠の合戦に敵兵前後に起こり、矢沢河内等を始め一族多く命を落とし後詰めの越後勢も路険しくして急に来援くること能わず大いに難儀に及びしが、土佐等力を振て防戦し氏勝遂に虎口を逃れて大塩水窪の両城に拠ることを得たり。
氏勝所領を失うの後、土佐も浪々の身となり諸候に仕んことを求めず郷里に居て終れりとぞ。
その後相続いて本村に住し、藤左衛門まで8代なりという。