大沼郡大塩組滝沢村

陸奥国 大沼郡 大塩組 滝沢(たきさは)
大日本地誌大系第33巻 76コマ目

村東に滝沢川という渓流あり。村名の因る所という。

府城の西に当り行程16里15町。
家数42軒、東西3町・南北30間。
北は山に()ひ南は只見川に近く東西は田圃(たんぼ)なり。

東4町大塩村の界に至る。その村まで15町。
西1里2町会津郡本組塩沢村の界に至る。その村は申(西南西)に当り1里24町。
南1町田沢村に界ひ只見川を限りとす。その村まで10町。
北は越後国蒲原郡上條組室谷村の山に界ひ界域分明ならず。

端村

(たき)

本村より申(西南西)の方24町にあり。
家数7軒、東西40間・南北13間。
東北は山に傍ひ南は只見川に臨み西は菜圃(さいほ)なり。

山川

猩々森山(しやうしやうもりやま)

村北4里18町にあり。
高295丈。
一に十二嶽と唱ふ(近頃村民猩ヶ森と唱ふ。字体の近きに因て訛れるなるべし)。
遠く望めば群山の上に秀出し積翠空に浮かび、御神楽嶽と並び峙つ。
また西に続いて馬尾滝(まのおたき)という山あり。共に奥越2州に跨て峯を限り蒲原郡に界ふ。

岩窟

村北4里余現燈山(けんとうやま)の頂にあり。
方5尺計。
中央に梵字3を彫付、傍に大同2年(807年)7月25日とあり。
徒人熊野宮の奥院と称す。

只見川

村南1町にあり。
塩沢村の境内より来り、東に流れ端村滝の南を過ぎ南に転じまた東北に流れ、村南を経て大塩村の界に入る。
境内を経ること1里18町。

滝沢川(たきさはかわ)

村東4町にあり。
源は猩々森山より発し、南に流るること4里余只見川に注ぐ。
広7間。
この川に不動滝という瀑布あり。

関梁

村東4町、滝沢川に架す(大塩村の条下に出す)

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 諏訪神
   若宮八幡
   山神
鎮座 不明
村北30間にあり。
鳥居拝殿あり。修験滝沢院司なり。



蛇足。
会津若松市東山町院内に狸ヶ森山という地名があります。