河沼郡代田組郡山村

陸奥国 河沼郡 代田組 郡山(こほりやま)
大日本地誌大系第33巻 84コマ目

この村昔は内条郡山・中条郡山・南郡山とて3ヶ村なり。
慶安2年(1649年)合て1村とす。

府城の北に当り行程1里20町。
家数34軒、東西1町30間・南北2町50間。
また50間余西に1区あり。
家数13軒、東西15間・南北2町。
また10町余戌亥(北西)の方に家数3軒あり。
東西町15間・南北45間。
共に四方田圃(たんぼ)なり。

東2町45間新屋敷新田村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り4町30間余。
西4町30間高畠村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り10町50間余。
南38間会津郡高久組木流村の界に至る。その村は未(南南西)に当り7町50間余。
北8町15間熊野堂村の界に至る。その村まで12町10間余。
また亥(北北西)の方9町15間京手村の界に至る。その村まで9町40間。
寅(東北東)の方10町横堀新田村の界に至る。その村まで11町20間余。

水利

高畠堰

木流村の方より来り、田地の養水となり下流高畠村の田地を潤す。

寺院

長榮寺

村中にあり。
空野山と號す。
真言宗府下大町弥勒寺の末山なり。
寛永元年(1624年)覚院という僧造立す。後堂舎頽廃し住持の僧なかりしが、明暦2年(1656年)宥慶という僧来り住し再興す。
客殿に本尊正観音を安ず。