会津郡高久組木流村

陸奥国 会津郡 高久組 木流(きながし)
大日本地誌大系第31巻 38コマ目

この村橋本木流・平塚木流・西木流とて3区に分る。
相伝う。昔河沼郡代田組藤倉村に二階堂を建立せし。材木の余れるを川に流し来りこの村に観音堂を造立す。故に村名としその川も大工川と名けしとぞ(日橋堰の分水なり)。

府城の北に当り行程1里6町。
橋本木流は家数15軒、東西55間・南北3町15間、渠川の両岸にあり。
西木流はここより西4町10間余にあり。家数11軒、東西36間・南北1町40間。
平塚木流は橋本木流の辰巳(南東)の方8町10間にあり。家数9軒、東西1町・南北1町。
共に四方田圃(たんぼ)なり。

東2町藤倉村の界に至る。その村まで8町。
西3町16間河沼郡笈川組竹内村の界に至る。その村まで8町40間余。
南6町44間余鶴沼村の界に至る。その村まで8町10間余。
北2町36間代田組高畠村の界に至る。その村まで12町。
また寅(東北東)の方56間代田組新屋敷新田村の界に至る。その村まで10町。
辰巳(南東)の方5町30間笈川組八日町村の界に至る。その村まで9町40間。

この村の肝煎穴澤武右衛門という者の家に慶長4年(1599年)の免目録を蔵む。

小名

上沼(うはぬま)

平塚木流の北2町10間にあり。
家数7軒、東西50間・南北38間。
四方田圃なり。

端村

屋敷

平塚木流の戌(西北西)の方2町40間にあり。
家数7軒、東西1町・南北50間。
四方田圃なり。

山川

渠川

中前田村の境内より来り、西に流れ北に転じ橋本木流を過ぎ、また戌亥(北西)の方に流れて八日町村の界に入る。
境内を流るること18町30間。

大工川

槻橋村の境内より来り、平須賀木流を過ぎ西に流るること7町30間、橋本木流の東にて渠川に入る。
広2間。

関梁

橋2

共に渠川に架す。
一は橋本木流にあり。
長8間・幅2間、勾欄あり。
一は平塚木流の未(南南西)の方2町30間にあり。
長6間。沼木村の通路、土橋なり。

水利

高畠堰(たかばたけせき)

橋本木流にて渠川を引き代田組郡山村の方に注ぐ。

八日町新堰

西木流の北にて渠川を引き八日町村の方に注ぎ、その村の田地を潤す。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 稲荷神 3座
   熊野宮 2座
   伊勢宮
   伊豆神
   諏訪神
   山神
   雷神
鎮座 不明
橋本木流の東2町30間余、丘の上にあり。
鳥居あり。高久村黒沢縫殿之助が司なり。

諏訪神社

祭神 諏訪神?
相殿 宗像神
鎮座 不明
西木流の北にあり。
観音寺司る。

寺院

観音堂

橋本木流の丑(北北東)の方1町50間余、丘の上二あり。
馬頭観音木像を安ず。
耶麻郡川西組本寺村厩嶽観音の前立なり。厩嶽の観音秘像なりしかば、別にこの像を刻て前立とす。されども彼山は道(けわ)しければ、参詣の便をはかり大同の頃(806年~810年)ここに移す。
天文の頃(1532年~1555年)聖護院宮この堂に遊宴ありしという。

別当 観音寺

橋本木流にあり。
真言宗福壽山と號す。草創の年月を知らず。
天文9年(1540年)良秀という僧中興せり。
本寺村恵日寺の末山なり。
本尊馬頭観音客殿に安ず。

薬師堂

平塚木流の南20間余にあり。草創の年月を知らず。
寛文中(1661年~1673年)までは『應永二十二年大檀那五郎左衛門』等と記せる薬師の像ありしという。
※應永22年=1415年

別当 薬師寺

平塚木流にあり。慈念山と號す。
府下大和町金剛寺の末山真言宗なり。
草創の年代詳詳ならず。
天正中(1573年~1593年)保仙という僧中興せり。
本尊地蔵客殿に安ず。

古蹟

館跡

平塚木流にあり。
20間四方。
いつの頃にか平塚四郎某という者住せりという。
土居堀の形遺れり。