河沼郡代田組高畠村

陸奥国 河沼郡 代田組 高畠(たかはたけ)
大日本地誌大系第33巻 84コマ目

府城の北に当り行程1里24町。
家数22軒、東西2町20間・南北1町38間。
四方田畝なり。

東2間郡山村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り10町50間余。
西1町52間笈川組八日町村に界ひ渠川を限りとす。その村は申(西南西)に当り5町10間。
南9町26間会津郡高久組木流村に界ひ渠川を限りとす。その村まで16町10間余。
北25間京手村の界に至る。その村は丑寅(北東)に当り1町40間。
また亥(北北西)の方1町10間代田村の界に至る。その村まで8町20間余。

山川

渠川(せせなきかわ)

村西1町50間にあり。
木流村の境内より来り、西北に流るること14町代田村の界に入る。

関梁

村西1町50間余、渠川に架す。
長8間・幅5尺。
隣村の通路なり。

寺院

龍泉寺

村中にあり。
高畠山と號す。
曹洞宗会津郡南青木組北青木村恵倫寺の末山なり。
草創の時代伝わらず。
本尊地蔵客殿に安ず。