河沼郡代田組六町原村

陸奥国 河沼郡 代田組 六町原(ろくちやうはら)
大日本地誌大系第33巻 91コマ目

府城の北に当り行程1里12町。
家数26軒、東西1町32間・南北1町26間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東58間余浅野村の界に至る。その村まで10町20間。
西3町2間新屋敷新田村の界に至る。その村まで3町40間余。
南は村際にて塩庭新田村に界ふ。その村は辰(東南東)に当り2町10間余。
北1町55間横堀新田村の界に至る。その村まで3町40間余。
また未(南南西)の方6町28間原村の界に至る。その村まで7町30間。
亥(北北西)の方1町3間沢目新田村の界に至る。その村まで2町余。
丑(北北東)の方2町58間北山新田村の界に至る。その村まで8町50間余。

この村米沢裏街道なり。

昔村の西に古屋敷(ふるやしき)という端村あり。今は廃す。

郡署

代官所

村中にあり。
役人を置く。
本組及び会津郡滝沢組を支配せしむ。
耶麻郡川西組戸口村郡役所に属す。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 伊勢宮
   熊野宮
   山神
鎮座 不明
村南1町にあり。
鳥居幣殿拝殿あり。大和田村佐々木右京が司なり。