河沼郡代田組浅野村

陸奥国 河沼郡 代田組 浅野(あさの)
大日本地誌大系第33巻 96コマ目

府城の北に当り行程1里18町。
家数34軒、東西2町6間・南北1町32間。
東は山に近く四方田畝なり。

東16町54間生井新田村の山に界ふ。その村まで21町20間余。
西5町16間六町原村の界に至る。その村まで10町20間。
南3町57間駒板村の界に至る。その村まで7町50間余。
北2町50間北山新田村の界に至る。その村まで3町40間。
また
子丑(北~北北東の間)の方36間中林新田村の界に至る。その村まで1町20間余。
丑寅(北東)の方14町50間漆沢新田村の山に界ふ。その村まで17町。
辰巳(南東)の方7町58間界新田村の界に至る。その村まで10町40間余。
未(南南西)の方4町54間塩庭村の界に至る。その村まで5町10間余。

昔は牛蒡屋敷(こはうやしき)という端村あししが今は廃す。

山川

石堀山(いしほりやま)

村東15町余にあり。
高2町計。
この山の尾に松の古木あり。笠松という。

向川(むかひかわ)

村南1町にあり。
戸口堰・日橋堰の下流なり。
八田野村の界より来り、南に流れ西に折れ未申(南西)の方へ斜めに流るること10町余、塩庭村の界に入り大工川となる。広2間計。

神社

箱根神社

祭神 箱根神?
相殿 伊勢宮 3座
   稲荷神
   熊野宮
   宗像神
   地神
   山神
草創 不明
村より戌亥(北西)の方にあり。
鳥居拝殿あり。大和田村佐々木右京が司なり。

寺院

大念寺

村中にあり。
東壽山と號す。真言宗大町一桂院の末寺なり。
弘治3年(1557年)慶雄という僧開基す。
寛永中(1624年~1645年)府下東黒川南町分弘真院の僧秀栄が弟子秀範来て再興せり。因て秀範を中興とす。
本尊大日客殿に安ず。





余談。
現在、石堀山の真ん中を磐越自動車道が通っています。
河東総合体育館の東です。