河沼郡青津組立川村

陸奥国 河沼郡 青津組 立川(たちかは)
大日本地誌大系第33巻 112コマ目

何れの頃にか釈空也村東の川を歩渡せしに魚集て足元に子を産む。因て17日の間川中に立て六字の名號を唱えその生るるを待しとて、その地を待淵(今訛て松淵という)と称し村を立川と名くという。

府城の西北に当り行程3里9町。
家数64軒、東西4町14間・南北2町26間。
四方田圃(たんぼ)にて東北は川に近く亥(北北西)の方耶麻郡慶徳組赤星村の端村向川原につづく。

東3町56間耶麻郡塩川組上下遠田両村に界ひ鶴沼川を限りとす。
西10間砂越村の界に至る。その村まで2町余。
南6町54間京出村の界に至る。その村まで10町余。
北8町34間赤星村に界ひ日橋川を限りとす。

山川

鶴沼川(佐野川(さのかわ)/大川(おほかわ)

俗に佐野川とも大川ともいう。下同。
村より辰巳(南東)の方5町にあり。
京出村の方より来り、北に流るること13町日橋川に合す。
広40間余。

日橋川

村北8町余にあり。
上下遠田両村の境内より来り、鶴沼川に合し西北に流るること3町余砂越村の界に入る。

寺院

立川寺

村中にあり。
東國山と號す。府下大町一桂院の末山真言宗なり。
開基の年代詳ならず。
旧はここより北1町余にあり。慶長2年(1597年)頼音という僧仙道岩瀬郡より来てここに移すという。
本尊大日客殿に安ず。

聖天堂

客殿の左にあり。