河沼郡坂下組河原田村

陸奥国 河沼郡 坂下組 河原田(かはらた)
大日本地誌大系第33巻 127コマ目

府城の西北に当り行程6里。
家数14軒、東西53町・南北2町25間。
四方田圃(たんぼ)にて東は山に近し。北は日橋川に傍ふ。

東15町長井村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り29町30間。
西30間・南2町、共に宮月村の界に至る。その村は申(西南西)に当り3町40間余。
北1町30間耶麻郡木曽組舘原村に界ひ日橋川を限りとす。

山川

松林3

一は村東8町にあり。東西6町40間・南北18町50間。
一は村の2町20間辰(東南東)の方にあり。東西1町40間・南北11町余。
一は村の13町巳(南南東)の方にあり。東西1町・南北5町40間余。
この所にも千笑原(せんさくはら)といえども芍薬(しゃくやく)を以て(あらわさ)れしものにあらず。ただ長松陰々として雑樹を見ること少く。
多く諸菌を産す。
遠方より望めば3所一となり蒼翠(そうすい)海の如く濤聲(とうせい)常に耳にあり。
また林中路傍に七壇(ななつだん)とて周6~7間より10間余に至り高3~4尺計の壇7相並べり。その来由を知る者なし。

日橋川

村北1町30間にあり。
長井村の境内より来り、25町計西に流れ宮月村の境内に入る。

神社

山神社

祭神 山神?
相殿 稲荷神
鎮座 不明
村西にあり。
鳥居あり。塔寺村兼子大和これを司る。