河沼郡坂下組宮月村

陸奥国 河沼郡 坂下組 宮月(みやつき)
大日本地誌大系第33巻 126コマ目

府城の西北に当り行程6里。
家数18軒、東西1町・南北1町10間。
西は只見川に臨み北は日橋川に近く東南は田圃(たんぼ)あり。

東4町40間河原田村の山に界ふ。その村は寅(東北東)に当り3町40間余。
西2町野沢組河井村に界ひ只見川を限りとす。
南7町32間堰沢村の界に至る。その村まで8町余。
北5町20間耶麻郡木曽組舘原村に界ひ日橋川を限りとす。その村まで6町50間余。

山川

只見川

村西2町にあり。
堰沢村の界より来り、7町20間北に流れ村の戌亥(北西)の方にて日橋川に合す。

日橋川(につはしかわ)大川(おほかわ)

俗に大川をいう。下同。
村北5町20間にあり。
河原田村の界より来り、5町10間北に流れ只見美川に合し河井村の界に入る。揚川という。

神社

鬼渡神社

祭神 鬼渡神?
相殿 稲荷神
草創 不明
村より6町30間辰巳(南東)の方にあり。
鳥居あり。塔寺村兼子大和が司なり。