河沼郡牛沢組船窪村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 船窪(ふなくほ)
大日本地誌大系第33巻 134コマ目

府城の西に当り行程3里18町余。
家数26軒、東西2町5間・南北3町7間。
山麓に住し東南北に田圃(たんぼ)あり。

東2町10間蛭川村の界に至る。その村まで2町10間余。
西25町計牛沢村の山に界ふ。
南1町10間牛沢村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り4町。
北3町38間杉村の界に至る。その村まで4町30間。

原野

秣場

村西5町計にあり。
東西6町間・南北3町余。

水利

船窪沢提

村西5町山中にあり。
周97間。
寛政5年(1793年)に築く。

神社

御稷神社

祭神 御稷神?
相殿 伊勢宮
   鹿島神
   白山神
   稲荷神 2座
   山神  2座
   明神
草創 不明
村西2町余にあり。
鳥居拝殿あり。勝方村尾崎左京これを司る。

寺院

太子堂

村中にあり。
建立の時代を伝えず。
大同3年(808年)に刻みし聖徳太子の像享保中(1716年~1736年)火災に罹りしかば、その余燼(よじん)を軀内に蔵て同9年(1724年)今の像を作りし趣背後に書付あり。
村民の持なり。



蛇足。
この地区に春日八郎記念公園と傍に別れの一本杉があります。
それより太子堂は何処にいってしまったのでしょう。