河沼郡牛沢組杉村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 (すき)
大日本地誌大系第33巻 134コマ目

府城の西に当り行程3里18町余。
家数29軒、東西1町・南北4町40間。
西は山に()ひ東南北は田圃(たんぼ)なり。

東5町50間坂下組坂下村の界に至る。その村まで11町30間余。
西10町余坂下組気多宮村の山に界ふ。
南55間船窪村の界に至る。その村まで4町30間余。
北1町56間塔寺村の界に至る。その村まで8町40間余。
また
辰(東南東)の方4町32間蛭川村の界に至る。その村まで6町20間。

水利

堤2

一は村より2町20間申(西南西)の方にあり。
東西59間・南北27間。文化元年(1804年)に築く。
一は村より5町30間申(西南西)の方蟹沢という所にあり。
周119間。

寺院

薬師堂

村西山下にあり。
薬師の像、長3尺5寸計。
座像脇士日光月光、各長3尺余。
共に行基の作という。
造立の年代知らず。古木繁陰して(すこぶ)る幽間の地なり。
昔村より申(西南西)の方10町計山奥にあり。天正12年(1584年)今の地に移す。その時の棟札の写しとて今に伝れり。天正12甲申(1584年)5月2日再興し古佛の医王を安置せしよしを載せ、別当宥覺阿闍梨大檀那黒澤刑部左衛門長谷川孫左衛間出尻和泉とあり。

二王門

本堂の前にあり。
3間に2間。
力士の像、長1丈。
旧大沼郡高田組新屋敷村田子薬師に存しが、天文中(1532年~1555年)の洪水に流れ来りしをここに安置せしとぞ。

垂糸桜

本道の左右に2株あり。
左にあるものは天正の頃(1573年~1593年)松窪村の農民本州宮城郡より1株の桜を持来て栽しとぞ。今周数圍の古木となり、右にあるものはその実生にて枝葉繁茂し花時愛すべし。

別当 藥應寺

本堂の前にあり。
真言宗醫王山と號す。府下道場小路観音寺の末寺なり。
開基詳ならず。
天正2年宥覺という僧再興せり。

古蹟

館跡

村南にあり。
東西28間・南北20間。
昔いつの頃にか田尻大和某という者住し、後田尻和泉・長谷川孫左衛門とて兄弟住せしという。
田圃(たんぼ)を闢て僅かに土居の形あり。