河沼郡牛沢組蛭川村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 蛭川(ひるかは)
大日本地誌大系第33巻 134コマ目

府城の西に当り行程3里15町余。
家数14軒、東西1町35間・南北1町46間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東4町40間坂下組中村新田村の界に至る。その村まで9町40間。
西2間船窪村の界に至る。その村まで2町10間余。
南2町48間牛沢村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り10町30間。
北2町20間杉村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り6町20間。
また
寅(東北東)の方4町30間坂下組坂下村の界に至る。その村まで10町30間。

山川

蛭川

村東にあり。
上流を田沢川という。
牛沢村の界より来り、北に流るること2町余杉村の境内を経て栗沢堰に入る。
広2間余。

水利

栗沢堰

坂下村の方より来り、また坂下村の方に注ぐ。

牛沢堰

牛沢村の方より来り田地の養水となり栗村堰に入る。