河沼郡牛沢組牛沢村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 牛沢(うしさは)
大日本地誌大系第33巻 129コマ目

相伝ふ。昔空也牛に乗てこの村に来る。その牛死して石に化す(この石今民家にあり。土中に埋して全体は見えず)(ゆえ)に牛沢村と名けしとぞ。

府城の西に当り行程3里5町。
家数107軒、東西5町6間・南北6町17間。
西は山に近く四方田圃(たんぼ)なり。
村中に官より令せらるる掟条目の制札あり。

東10町15間大江村の界に至る。その村まで10町20間。
西3町20間細越村の山に界ふ。
南2町15間勝方村の界に至る。その村は未申(南西)に当り10町30間。
北5町4間蛭川村の界に至る。その村は亥(北北西)に当り9町余。
また
寅卯(東北東~東の間)の方7町16間坂下組中村新田村に隣りその村際を界とす。
申(西南西)の方2町大村の界に至る。その村まで7町。
戌(西北西)の方6町11間船窪村に隣りその村際を界とす。

端村

西牛沢(にしうしさは)

本村の西2町にあり。
家数20軒、東西1町・南北2町30間。
四方田畠なり。

山川

花立山(はなたてやま)

村西20町計にあり。
高20丈余。空也ここに2花を立て佛を供養せしとぞ。
またこの山中に焼香清水という泉あり。水多く湧き出す。下に堤を築きその水を貯ふ。

木根坂(きのねさか)

花立山の戌亥(北西)の方10町にあり。
高30丈計。
柳津道に出る経路なり。

田沢川

村西にあり。
勝方村の方より来り、北に流るること10町計蛭川村の界に入る。
広5間より8間に至る。

土産

この村に産するもの白根長大にして味美なり。

煙草

薄葉白黄にして気味烈しからず。近村よりも多く産す。

関梁

無明橋(むみやうのはし)

村西大徳寺の門前にあり。
長8間・幅1間、田沢川に架す。
空也高寺山と開んとせし時高野山に擬して大徳坊の無明橋と名けしとぞ。今も牛馬と渡さず。渡れば怪我ありという。

水利

牛沢堰

大江村の境内より来り田地に(そそ)ぎ2派となり、一は船窪村の田畝に漑ぎ、一は蛭川村の方に注ぐ。
明暦2年(1656年)この村の郷頭佐原吉左衛門という者家資を出し多くの人夫を雇い、大沼郡高田組境野村の境内より宮川を引き渠を鑿こと凡2里17町余。同3年(1657年)に功成る。これより数村の養水に乏しからず。

堤3

一は端村西牛沢の西5町山中にあり。周160間。楢沢堤(ならさはつつみ)という。慶安中(1648年~1652年)築く。本村及び船窪村・蛭川村の養水とす。
また村西7町計山中に2あり。共に周160間、本村と大村の養水とす。一は寛永中(1624年~1645年)に築き、一は明暦中(1655年~1658年)に築く。

村より戌亥(北西)の方にあり。
長8間2尺余。田沢川に架す。
牛沢堰の下流を引きて田地に(そそ)ぐ。

神社

若宮八幡宮

祭神 若宮八幡?
相殿 熊野宮 2座
   稲荷神
   幸神
   御稷神
鎮座 不明
村西にあり。
鳥居幣殿拝殿あり。勝方村尾崎左京これを司る。

寺院

大徳寺

村西にあり。
会津郡南青木組天寧村天寧寺の末山曹洞宗なり。
縁起によるに天文17年(1548年)9月正珊という僧ここに来り、如来堂に宿して静座せしに五智如来光明を放ち天半に現す。正珊旨を悟り禅座して年を踰。後また諸国を経歴し再びここに来り庵を結んで住す。天正9年(1581年)高岩という僧天寧寺9世仁庵を請て開山とし牛澤山と號す。後院宇傾頽(けいたい)せしを宗堯という僧再興せり。
総門:6間半に2間。
客殿:9間に7間、東向。本尊釈迦。
鐘楼:客殿の前にあり。鐘径2尺、『天和癸亥仲夏吉祥日太源一派之末流牛澤山大徳禅寺』と彫付けあり(天和3年癸亥:1683年)。この村の郷頭佐原吉左衛門光忠一子早世しければ冥福の為に鋳造す。
衆寮:客殿の前にあり。6間に2間。
如来堂:客殿の北にあり。3間四面、東向。五智如来の木像を安ず。

観音堂

村中にあり。
造立の年代詳ならず。
修験鳴鶏院これを司る。

古蹟

館跡

村中にあり。
東西30間・南北1町。
昔いつの頃にか佐原右馬允包盛という者住し、天正の頃(1573年~1593年)蒲生氏の臣佐瀬上総某という者住せしという。今民家となり土居空隍の形存す。

経塚

村東2町計にあり。
高5尺・周10間。
空也経文を埋めし所なり。今も時として火燃えることありという。この辺経壇原とて四方1町計の原野なり。

名馬塚

大徳寺の東北1町計にあり。
佐瀬上総が乗馬を埋めし所なりとぞ。村老の口碑(こうひ)に、天正の頃(1573年~1593年)黒川に失火ありと聞こえければ、近村の地頭急ぎ府に参らんとて鶴沼川の辺に駈集まる。折ふし洪水漲りて渡ることを得ず。徒に川岸を(にらみ)てひかえけり。然るに上総一人馬に打乗て難なく川を渡り黒川に至り氏郷に謁す。残りし者どもは水の落ちるを待て渡しければ、上総には遥かに後れたり。氏郷その遅参を咎めしに、各上総が馬の駿足なることを告く。氏郷(やが)てその馬見んとて召れしに、上総はこれより進らずべしと返答し「この馬究竟の逸物なり今氏郷に進らせんこと本意なし。さればとて命にそむかば罪蒙らんことを疑うべからず。詮する所この馬と死を共にせん」と馬牽よせて刺殺し、その身も大徳寺の如来堂にかけ入り腹掻切て死たりといい伝う。

地蔵免

村東田圃の字なり。
昔いつの頃にか地蔵堂ありし所なりという。
その地蔵とて今民家に安置す長1尺計の木佛なり。
土人御孕地蔵(おはらみじぞう)といい、その背後を鑿て別に佛1体を軀中におさむ。故に名けしとぞ。





余談。
牛沢館は大徳寺の北側にあったそうです。現在は宅地でその跡は残っていないとのこと。
参考:会津坂下ぶらっと散歩


木根坂

※最近會津旅行地圖(明治41年)より

明治時代の旅行地図を見ると、牛沢の南西の村(大村新田?)を経由して坂本に通る道があります。現在林道となっており、花立山の南側から西に回り旧七折峠に通る道が木根坂に該当しそうです。



添付ファイル