河沼郡牛沢組塩野村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 河沼郡 牛沢組 塩野(しほの)
大日本地誌大系第33巻 149コマ目

府城の西に当り行程5里30町。
家数16軒、東西30町・南北2町30間。山中に住す。
四方少しく田圃(たんぼ)あり。

東1町大沼郡高田組軽井沢村に界ふ。その村まで8町。
西は大沼郡滝谷組大峯村の山に隣り界域分かちがたし。
南は村際にて軽井沢村に界ふ。
北2町猪鼻村の界に至る。その村まで21町。
また
戌亥(北西)の方6町長倉村の界に至る。その村まで24町。

山川

高森山(たかもりやま)

村西にあり。
頂上まで70丈余。
大峯村と峯を界ふ。

銀山川

村東にあり。
軽井沢村の銀山より出る(ゆえ)この名あり。
北に流るること3町猪鼻村の界に入る。広4間。
金気ある故にや魚類を産せず。

神社

春日神社

祭神 春日神?
相殿 八幡宮
   稲荷神
   第六天神
鎮座 不明
村の東北1町30間にあり。
鳥居あり。出倉村舟木伊勢が司なり。

高林寺

村中にあり。
塩水山と號す。
天文8年(1580年)北岩という僧常陸国より来りて建立す。
元和の頃(1615年~1624年)災に罹り殿宇焼失たり。後良室という僧佛宇を再興す。
慶安中(1648年~1652年)中野沢組野沢原町常楽寺の末寺曹洞宗となる。
本尊地蔵客殿に安ず。







最終更新:2020年05月16日 10:32