河沼郡牛沢組長倉村

陸奥国 河沼郡 牛沢組 長倉(なかくら)
大日本地誌大系第33巻 149コマ目

府城の西に当り行程7里12町。
家数21軒、東西2町・南北2町50間。山中に住す。
四方少しく田圃(たんぼ)あり。

東8町30間猪鼻村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り12町。
西1町54間余・北12町37間余、共に郷戸村の界に至る。その村は西に当り10町40間。
南16町51間余塩野村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り24町。

山川

湯泉峠(ゆせんとおげ)

村の辰巳(南東)の方5町余にあり。
登ること5町余。
塩野村にゆく山経なり。

赤谷川(あかたにかわ)

村西3町にあり。
広2間。
塩野村の山中より出て、北に流るること20町余、田地の養水となり阿久津村の界に入る龍蔵庵川となる。

神社

鬼渡神社

祭神 鬼渡神?
相殿 八幡宮
   稲荷神
   第六天神
草創 不明
村西にあり。
鳥居あり。出倉村舟木伊勢これを司る。

長蔵寺

村東にあり。
曹洞宗高昌山と號す。坂下組坂下村定林寺の末寺なり。
永禄4年(1561年)是春という僧の開基という。
本尊釈迦客殿に安ず。




温泉峠

現在長倉から塩野に向かうにはパールラインを東に進み、猪鼻地区より県道53号線を銀山川沿いに南下するのが安全なルートです。昔はこの道はなく、長倉の東の山を蛇行しながら登り尾根沿いを南下するルートを通っていたようです。この旧道が温泉峠ではないかと思います。旧道の途中で山の中に入るルートもあるようですが、道がつながっているかどうかも怪しいです。
※地理院地図(大正2年計図/昭和6年修正)


添付ファイル