河沼郡牛沢組猪鼻村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 河沼郡 牛沢組 猪鼻(いのはな)
大日本地誌大系第33巻 149コマ目

村北黒谷村にゆく路の傍に猪の鼻に似たる岩ありし(ゆえ)に村名とせしとぞ。今は岩崩れてその形とも見えず。

府城の西に当り行程7里18町。
家数18軒、東西40町・南北3町20間。山中に散居す。
四方田圃(たんぼ)あり。

東11町大野村の界に至る。その村まで16町50間余。
西3町長倉村の界に至る。その村は申(西南西)に当り11町20間余。
南18町塩野村の界に至る。その村まで19町50間。
北6町黒滝村の界に至る。その村まで12町10間。

山川

銀山川

村西2町余にあり。
塩野村の界より来り、北に流るること30町余黒滝村の境内に入る。
広4間計。

里道川(さとみちかわ)

※公文書館の風土記の本文には「黒道川」と記載している。
村東2町余にあり。
大沼郡高田組軽井沢村の界より来り、北に流るること1里余、田地の養水となり銀山川に入る。
広2間。

不動滝

村の辰巳(南東)の方18町山中にあり。
高2丈余。里道川これに注ぐ。
この岩に不動と2童子の像を彫付けてあり。水涸れれば見るものありという。

神社

明神社

祭神 明神?
鎮座 不明
村より戌亥(北西)の方山の半腹にあり。
鳥居あり。村民の持なり。

西光寺

村中にあり。
蓮壽山と號す。野沢町常楽寺の末山曹洞宗なり。
明應元年(1492年)東桂という僧越後国より来て開基す。後住僧なく殿宇頽敗(たいはい)せしを、寛永11年(1634年)考壽という比丘壇越を勧めて再興すという。
この寺の開基角田越前というものの位牌なりとて『壽松院弦随正覚庵主慶長十三年六月三日』(慶長13年:1608年)と書付あり(越前をこの寺の開基ということ縁起にはみえざれども併注して考證とす)。
本尊如意輪観音客殿に安ず。

地蔵堂

境内にあり。
地蔵、長6寸計。古佛なり。

古蹟

館趾

村東4町30間山上にあり。
東西15間・南北10間。
この村の農民平左衛門というものの先祖(その名も時代もしれず)住すという。平左衛門は近江源氏にて佐々木の余裔とて、系図のごとき1巻を持伝う。文字語路共に分明ならず。

旧家

角田鐵右衛門

この村の肝煎なり。先祖は越中守國次とて天喜の頃(1053年〜1058年)源義朝朝臣に随いこの地に来り、6世の孫越前守國元何の頃にか始て葦名氏に仕え代々この村に住し、天正中(1573年~1593年)葦名家滅て浪人し農民となるという。
今の鐵右衛門まで幾世ということを伝えず。
先祖の遺物とて弓1張を蔵む。




最終更新:2020年05月16日 13:07