耶麻郡川西組牛沼新田村

陸奥国 耶麻郡 川西組 牛沼新田(うしぬましんでん)
大日本地誌大系第32巻 19コマ目

寛永9年(1632年)川東組小平潟村の農民入江村境内牛沼の辺に出て新田を開し(ゆえ)名く。

府城の東北に当り行程5里12町。
家数7軒、東西1町20間・南北34間。
四方田圃(たんぼ)にて南は湖水に近し。
村南にに二本松裏街道あり。

東3町56間入江相名目両村の田圃に界ふ。
西1町30間・南1町24間・北8間、共に入江村の界に至る。その村は西に当り1町20間余。