耶麻郡川西組入江村

陸奥国 耶麻郡 川西組 入江(にひえ)
大日本地誌大系第32巻 18コマ目

この地昔より民居ありて入江村といいしを、三浦経連始て猪苗代に来りし時安積郡福良浜より出船してここに来り新に仮屋をかけこれを饗せしより新家(にひへ)とあらめしという。寛文中(1661年~1673年)古名に復す。
また村中に小渠あり。土人これを入江川といい、古は巨川にて舟も入しという。その渠の上流に今5、6間四方の小池あり。昔ここに大橋を架し、釜井・下堂観両村の方より通りし古の往還なりしという。今なお水底に橋杙(はしぐい)とおぼしき埋木残れり。
また村南の湖浜漸々かけ入しに、土中より古き陶壺を得ること多し。来由を詳にせず。

府城の東北に当り行程5里6町。
家数18軒、東西2町20間・南北1町30間。
二本松裏街道に住し四方田圃(たんぼ)なり。南は湖水によれり。

東13間余牛沼新田村の界に至る。その村まで30間余。
西2町55間相名目村の界に至る。その村まで3町30間余。
南1町50間湖水を限りとす。
北6町20間、数村入逢の原野に界ふ。
また
亥(北北西)の方1町57間廻谷地村の界に至る。その村まで5町50間余。

山川

牛沼(うしぬま)

村東6町にあり。
南より北に長300間・幅20間計、半を限り川東組松橋村に界ふ。
鮒魚・鰕を産す。

神社

三島神社

祭神 三島神?
相殿 稲荷神 2座
   熊野宮 2座
   荒神
   沼神
   総社
鎮座 不明
村西にあり。
鳥居幣殿拝殿あり。小平潟村佐瀬主殿これを司る。

古蹟

館跡

村の辰巳(南東)の方3町にあり。
今なお舘小路と唱ふ。四方に堀形あり。
東西2町30間・南北2町余。
天正中(1573年~1593年)三浦盛國退隠の所となさんとて築きしが成ずして止しという。

観音屋敷

村より辰巳(南東)の方にあり。
東西38間・南北30間計。
三浦経連始て猪苗代に来りしとき観音の像を負せ来り、(しばら)くこの地に安置すという。今は闕前道(かけまえみち)と唱ふ。
またこの地を耕せば祟ありといい伝う。
観音の像は今に川東組荒野村観音寺にあり。