耶麻郡川西組蟹沢村

陸奥国 耶麻郡 川西組 蟹沢(かにさは)
大日本地誌大系第32巻 23コマ目

府城の東北に当り行程3里12町。
家数11軒、東西44間・南北3町20間。
西北は山麓に続き東南は湖水に近し。

東2町・南6町、共に湖水を限りとす。
西10町三本木新田村の山界に至る。
北4町西窪村の界に至る。その村まで6町。
また
申(西南西)の方8町金滓沢新田村の界に至る。曾村まで10町。

この村二本松裏街道なり。

山川

長浜

村より未申(南西)の方、坂道を下り湖辺にあり。
沙浜にて東南の諸山を一望し、境地やや佳なり。

船石

長浜の中にあり。
文次郎が(金滓沢新田村の条下に詳なり)船の化せし所という。
長2間計、船の形に似たり。

水利

村西8町にあり。
東西48間・南北37間。

神社

八幡宮

祭神 八幡宮?
相殿 山神
   天王神
勧請 不明
村北山腰にあり。
鳥居あり。三城潟村佐野壱岐これを司る。

古蹟

満願寺迹

村南3町湖浜にあり。
恵日寺の子院なりしという。
何れのとき廃せしにか知らず。




余談。
県民や観光客に親しまれていた観光遊覧船(はくちょう丸・かめ丸)ですが、コロナウイルスによる観光客減少が決め手となり、令和2年6月15日をもって廃業となりました。長い間お疲れ様でした&今までありがとうございました。