耶麻郡川西組西窪村

陸奥国 耶麻郡 川西組 西窪(にしくほ)
大日本地誌大系第32巻 23コマ目

府城の東北に当り行程3里24町。
家数32軒、東西1町・南北2町。
二本松裏街道に住す。西に山を擁し三面田圃(たんぼ)なり。

東5町15間三城潟村の界に至る。その村まで8町。
西10町布藤村の山界に至る。
南2町蟹沢村の界に至る。その村まで6町。
北4町桜川村の界に至る。その村まで5町。

山川

高森山

村北3町計にあり。
雑樹多し。
昔この山より金を採りしにや杭の跡残れり。
また村より戌(西北西)の方8町計に石ホロ山とて小山あり。金屑出。

桜川

村東1町40間にあり。
桜川村の界より来り、南に流るること6町湖水に入る。

温泉

村北にあり。
硫黄の気を帯。また水に雑り出、浴し難し。
周4間余。

関梁

村東、二本松裏街道にある石橋なり。
長6間・幅2間、桜川に架す。

神社

諏訪神社

祭神 諏訪神?
相殿 山神
   天王神
草創 不明
村北2町、山下にあり。
鳥居あり。三城潟村佐野壱岐が司なり。

寺院

六地蔵堂

村より戌(西北西)の方40間にあり。
地蔵6軀を安ず。
草創の初知らず。
村民の持なり。