革命機ヴァルヴレイヴ

登録日:2013/05/11 12:32:03
更新日:2019/08/21 Wed 23:01:12
所要時間:約 14 分で読めます





ヴァルヴレイヴ、それは世界を曝くシステム――――――


『革命機ヴァルヴレイヴ』とは2013年春季と秋季にMBSアニメイズム枠で放送された(分割2クール)TVアニメである。
松尾衡監督お馴染みのプレスコ収録が特徴。久々のサンライズ制作によるオリジナルロボアニメである。

長らくスーパーロボット大戦シリーズへの参戦が熱望されていたが、
2019年8月21日に配信されたスマホ用ゲーム『スーパーロボット大戦DD』への参戦を果たした。


ストーリー

真歴71年。
宇宙都市ダイソンスフィアの開発によって、総人口の七割が宇宙で暮らす時代。
世界は二つの勢力に分かれていた。
軍事同盟から発展したドルシア軍事盟約連邦と、貿易協定を拡大させた環大西洋合衆国、通称ARUS。その間で中立を謳う小国ジオールは、平和と経済的繁栄を保っていた。

ジオールのスフィア内、モジュール77に暮らす高校生時縞ハルトは片思い中である幼馴染み指南ショーコと平和な日々を過ごしていた。
時を同じくして、五人の転入生に成り済ましたドルシアのエージェント達がモジュール77に潜入していた。


登場人物

主要キャラクター

時縞ハルト

CV:逢坂良太
主人公。モジュール77にある咲森学園に通う高校二年生。
争い事が苦手で心優しい性格。幼馴染のショーコに強い想いを寄せている。
ヴァルヴレイヴⅠに搭乗し、不死の体と、噛み付くことで相手の体を乗っ取れる《ジャック》の能力を手に入れた。

エルエルフ

CV:木村良平
主人公その2。ドルシア軍の特務機関に所属するエージェントで、「一人旅団」の異名を持つ。
アードライたちと共にヴァルヴレイヴ奪取のためモジュール77に潜入してきていたが、ハルトにジャックされアードライを撃ったことで裏切り者として追われることになる。

指南ショーコ

CV:瀬戸麻沙美
ヒロイン。ハルトの同級生で幼馴染み。
明るい性格で男女問わず友人が多いが、その行動は非常にエキセントリック。
ドルシア軍の攻撃で姿を消し、1話にしてヒロイン死亡とも騒がれたが実は生きていた。

流木野サキ

CV:戸松遥
ヒロインその2。元アイドル。
冷めた性格だが、好いた人物には一途でとことん尽くすタイプ。両親からの虐待、芸能事務所からの解雇などの過去から、大人を「汚いもの」とみなし、自分の存在を意義づけるため、強い功名心を持っている。
外伝漫画「流星の乙女」では主役を務めている。

咲森学園

犬塚キューマ

CV:小野友樹
三年生でハルトたちの先輩。明るく情にあふれる人物。サキやアイナと同じく、ハルトの体の秘密を知っている。
手術費用を捻出できず病気の姉を亡くしたことから金銭に執着し、大金持ちになることが夢。
2話で「バイクみたいにはいかねぇなぁ!」と言いながらヘリを操縦していたが、バイクの運転経験で操縦できるようなもんなのか?と視聴者に突っ込まれていた。

山田ライゾウ

CV:中村悠一
二年生。自称咲森学園番長だが所属はなぜか茶道部。愛称は「サンダー」
ドルシア軍の攻撃で親友・ノブを亡くし、敵討ちのためヴァルヴレイヴに乗ろうとする、霊屋の窮地を救うなど情に厚い。ドルシア軍にリンチされたり、エルエルフに気絶させられたり、フィガロに撃たれたりと何かとひどい目に遭うことが多い。

連坊小路アキラ

CV:悠木碧
二年生。校舎内に建てられたダンボールハウスに住む、学校引きこもりの少女。生徒会長の連坊小路サトミの妹。
天才的なハッカー。過去のある出来事から極度の対人恐怖症だが、徐々にショーコと友情を育んでいく。

櫻井アイナ

CV:茅野愛衣
一年生。大なり小なりアレな所が多い登場人物の中では(独立に真っ先に賛成したこと以外は)普通の人物。
ツインテールの眼鏡っ子で、内気そうな見た目だが、孤立しがちなサキや不良のライゾウにも分け隔てなく接するなど芯は強い。ハルトの体の秘密を知る人物の一人で、自身の異常に苦悩するハルトを"神憑き"と称して励ました。

野火マリエ

CV:福圓美里
二年生でショーコの親友。幼い外見に反して大人びた性格をしており、リオンのおっぱいを揉んだりショーコの透けた制服を撮ったりとセクハラ紛いの行為が多い。
同じ脚本家のあの人にそっくり。


霊屋ユウスケ

CV:吉野裕行
二年生で男子文化部のリーダー。貴生川も舌を巻く程の機械オタク。
5話において、その知識を活かして環境システムの修復を任されたのだが、ボタン一つで機能が回復したように見えたのは物議を醸した。
上杉セイヤ(CV:須嵜成幸)、宮町トオル(CV:増元拓也)とよくつるんでいる。

連坊小路サトミ

CV:浪川大輔
三年生で学園の生徒会長。アキラの兄で、シスコンレベルで彼女を溺愛している。
生真面目でプライドが高いが、本質は初心なヘタレでタカヒに頭が上がらない。また、想定外の事態に弱いマニュアル人間でもある。だが、キ○ガイ揃いの登場人物の中で、保守的な彼の言うことは比較的まとも。
生徒会メンバーの北川イオリ(CV:安野希世乃)に想いを寄せられている。

二宮タカヒ

CV:寿美菜子
3年生で女子運動部のリーダー。金髪縦ロールの美女。劇中随一の巨乳。
いつも山元リリィ(CV:木村はるか)、亘理エリ(CV:真田アサミ)らの取り巻きを連れている。高飛車な態度で他人と接するため、生徒会メンバーからの評判は良くない。
ハルトをジャックしたサキに言い寄られて頼みをきいてしまうなど、根は素直で純真。

貴生川タクミ

CV:羽多野渉
物理担当の教師。ショーコと共に車に取り残されていた人物で、その結果ドルシアの連行を逃れた数少ない大人。
ヴァルヴレイヴに対し何か思うところがある模様。
怪しい行動を「物理教師だからね」といってごまかすが、どう考えても普通の教師じゃない。

七海リオン

CV:堀江由衣
保健体育の教育実習生。巨乳。ドルシアの連行を逃れた数少ない大人。
生徒たちと仲は良いが、大人として頼りない面がやや目立つ。初期案では生徒だった。

この他に、3年生の番匠ジュートCV:高中宏之)、生徒会メンバーの女井ヨウヘイ(CV:浅利遼太)、赤石ミドリ(CV:安済知佳)、外伝小説「アンダー・テイカー」に陽本ジン於保多ナオ虹河ゴウが登場する。

ドルシア軍事盟約連邦

アードライ

CV:福山潤
ドルシア軍特務大尉。カルルスタイン機関出身のエージェントで、エルエルフとは同期。
エルエルフに撃たれて左目を負傷する。彼に対してはライバル視していると同時に友情を抱いており、彼が裏切り者だと断定された後でも上司に対して疑問を述べるなど再三フォローしているが、当のエルエルフからは適当にあしらわれている。
外伝漫画「裏切りの烙印」では主役を務めている。

ハーノイン

CV:宮野真守
ドルシア軍特務大尉。エルエルフ、アードライらと共にヴァルヴレイヴ奪取任務に就いていた少年エージェント。
イクスアインとは同期かつ幼馴染で、お互い「ハーノ」「イクス」と呼び合う。
チームのムードメーカー的存在で仲間思い。

イクスアイン

CV:細谷佳正
ドルシア軍特務大尉。エルエルフ、アードライらと共にヴァルヴレイヴ奪取任務に就いていた少年エージェント。
幼少期にカインに命を救われてから彼を信奉している。分析能力に長けるが、「私の分析では〜」と言い出すと負けフラグ。

クーフィア

CV:梶裕貴
ドルシア軍特務大尉。エルエルフ、アードライらと共にヴァルヴレイヴ奪取任務に就いていた少年エージェント。
エージェントの中では最年少。ゲーム感覚で戦闘を楽しむほか、瀕死のジオールの研究員を笑いながら殺害するなど罪の意識がない。

カイン・ドレッセル

CV:小野大輔
ドルシア軍大佐で、エルエルフ達のいた部隊の指揮官。元カルルスタイン機関の教官で、彼らにとってはかつての師でもある。その経歴のとおり策謀、戦闘術においてエルエルフを遥かに凌ぐ実力を持ち、またヴァルヴレイヴの秘密を知っているなど底の知れない人物。

クリムヒルト

CV:水樹奈々
ドルシア軍少佐。カインの副官であるクールな女性士官。おっぱい。
ヴァルヴレイヴについて謎の多い発言をするカインに不信感を抱いている。

アマデウス・K・ドルシア

CV:子安武人
ドルシア連邦の総統。旧ドルシアで「赤い木曜日」と呼ばれるクーデターを起こした。

リーゼロッテ・W・ドルシア

CV:豊崎愛生
旧ドルシア国の王女。10年前にエルエルフの命を救った。
現政権に幽閉されている身だが、実は……。

マニンガー

CV:坂本くんぺい
ドルシア軍准将。間抜けな発言をしては副官のアウレリア(CV:広瀬有香)に突っ込まれている。

(肩のアームを展開した3号機を見て)
「八本腕だと!?」
「もともとの腕と合わせて十本です!」
「わかっとるわ!」

デリウス・バーテンベルク

CV:小西克幸
ドルシア軍少将。半袖軍服にスキンヘッドのハゲ。
ARUSの政治家たちと同じく「汚い大人」として描かれている。
指南リュージを人質にしていたが、1号機のハラキリ・ブレードによって死亡する。

インフィガール

ドルシア軍少尉。外伝小説「アンダー・テイカー」に登場する。
ARUSの要人暗殺を目的とした秘密部隊「フライクーゲル」の隊長。

環大西洋合衆国(ARUS)

ジェフリー・アンダーソン

CV:武虎
ARUSの大統領。大体の視聴者が彼の名前を知らない。
最終的に漁夫の利を占めた人。

フィガロ

CV:遊佐浩二
ARUSの上院議員。モジュール77への特使で、ハルトたちには良心ある大人として接していたが、本来の目的はヴァルヴレイヴの確保で、生徒たちを見捨てて脱出しようとしていた。
「モーゼと呼んでくれ。これから学生の海を割るからさ」と言いながら生徒達に銃をぶっ放すという隣にいたARUSの兵士もドン引きな行為に走ったため視聴者によってモーゼというあだ名が付けられた。
その後、クーフィアに戦艦ごとあぼんされ死亡した。

ちなみに、モーゼに隠れがちだが「大人だから~」のやりとりはシリーズ構成・大河内一楼が担当した「OVERMANキングゲイナー」でも使われた言い回しである。後にデリウスもこれに近い台詞を言っていたりする。(こちらの脚本も大河内氏担当)

ジオール

指南リュージ

CV:黒田崇矢
ジオールの前総理大臣。ショーコの父。ドルシア軍に囚われていたが、ショーコに未来を託したあと、ハルトが乗る1号機のハラキリ・ブレードによって死亡する。

時縞ソウイチ

CV:関俊彦
VVV計画の責任者。ハルトの父。「息子の写真」と言いながら、机にハルトの遺伝子の配列の写真を飾っているマッドサイエンティスト。酸素欠乏症ではない。

その他

ピノ

CV:茅野愛衣
ヴァルヴレイヴⅠのナビゲーションシステム。露出の激しい衣装を纏ったアニメキャラクター風の美少女。
ただのナビではなく人格を持っているようで、ハルトの暴走や発作に深く関わっていると思われる。

プルー

CV:代永翼
ヴァルヴレイヴⅡのナビゲーションシステム。ピノの兄で、青い長髪の少年。
人間に強い憎しみを抱いている。

メカニック

ヴァルヴレイヴ

ヴァルヴレイヴに関してはヴァルヴレイヴ(機体)を参照。

ドルシア軍の兵器

Nw507Be バッフェ

ドルシア軍の主力量産機。
下半身をまるごとスラスターとした異形のフォルムを持ち、そのスラスターにより自在に飛行する。
固定武装として両肩に大型のシールド「アイゼン・ガイスト」、腹部に展開式のビーム砲「デュケノワ・キャノン」を装備する。
また両腕の武器は用途に応じて変更可能で、実弾/ビーム式のガトリングガン、近接攻撃用のマシンクロー、その他ドリル・ランスやロケットランチャー、マニュピレーターなどさまざまな武装に換装することができる。

ゴリラのような獰猛な顔つきの有人タイプと、顔のない無人タイプが存在。
無人タイプは有人タイプや後述するイデアールの指揮下で運用され、イデアールの随伴機としても使用される。

Er114 イデアール級機動殲滅機

ドルシア軍の戦略兵器。全長100mを超える大型兵器でありながら機動力にも優れる高い能力を持つ。
各部隊の指揮官などに優先的に配備され、劇中でも主にカルルスタイン機関の4人が乗り込んで活躍した。

バッフェ同様武装変更による高い汎用性を持ち、両腕の武器をクローアーム付きのレーザー砲、大型レーザー砲、マイクロミサイルポッド、拡散レーザー砲などに換装することでいかなる戦局にも対応する汎用性を持つ。
加えて翼下にハードポイントを装備する他、特殊武装として暴徒鎮圧用の非殺傷兵器「電磁吸着ブーメラン」、エネルギー供給ユニット兼バッフェの放熱スパイクを加熱する役割を持つ超小型の人工太陽を内蔵した「ピエドラ・デル・ソル」、
装甲を貫通しながら毒ガスをばらまく拠点制圧兵器「ドリルビット」など、様々なオプション兵装を運用できる。
また無人バッフェの指揮官機としての機能も持ち、劇中では無人バッフェを集結させて巨大な盾のように使う場面も見られた。
頭部は脱出ポッドとなっており、機体のブースターユニットには兵士を輸送するスペースが有るなど、汎用性も相まってかなり多芸な機体である。
『2nd』では大気圏突入用のシャトルを装着した改良型も登場し、地球降下を試みたハルト達を迎え撃った。

量産機ながら戦闘能力は高く、戦いに不慣れなハルト達を苦しめた。
ヴァルヴレイヴに有効だったんならブーメラン使い続けろよというのは禁句

イデアール[ブルーメ]級機動殲滅機

ドルシア陸軍の移動拠点兵器。イデアールの陸戦仕様機。
正面から見ると「T」の字を描く形状をしており、機体中央の一本足を地上に突き立てることで敵陣における橋頭堡として活躍する。
通常のイデアール同様バッフェの運用も可能。
武装はレーザー砲やクローアーム、ミサイルポッド、対空機銃。

「空中から戦車などの地上兵器に火力を叩きつける」というコンセプトで開発されたが、
空中を移動し、さらに機動力と防御力を併せ持つヴァルヴレイヴに対してはその実力をフルに発揮できずに敗れた。
特に防御力を前面に集中できる5号機に対しては致命打を与えられず、エキゾースト・ヒートを顔面に受け破壊された。

Erpf129-z5 キルシュバオム

カインが奪取したヴァルヴレイヴ二号機のデータを元に開発されたドルシアの霊長兵器。
詳細はヴァルヴレイヴ(機体)を参照。

ARUSの兵器

スプライサー

ARUSの戦闘機。ビームを発射するスプライサーZと実体弾を発射するスプライサーGの2種類が存在する。ジオールにも配備されている。

用語

ドルシア軍事盟約連邦

ロシア・中東等のユーラシア、ドイツ・オーストリア等のヨーロッパの一部で構成される大国。ネーミングにはドイツ語が使われている。
1話でジオールのダイソンスフィアを襲撃し、モジュール77のヴァルヴレイヴを強奪しようとした。

環大西洋合衆国(ARUS)

アメリカ合衆国やヨーロッパを主体とした大国。ジオールとは友好国の関係だが、ヴァルヴレイヴを量産しドルシアとの全面戦争を画策している。
首脳陣は咲森学園の独立を快く思っていないが、選挙が近いことや国民の中にも支持者がいることから手を拱いている。
スプライザーという戦闘機が主力。

ジオール

上記の2大勢力に属さない中立の国家。日本を中心としたアジアとオセアニアで構成される。
独立したモジュール77以外はドルシアに無条件降伏した。
モジュール77自体がヴァルヴレイヴを運用するための施設だったことが判明している。

ダイソンスフィア

各国が所持するスペースコロニー。中心に人工太陽があり、周りをモジュールが取り囲んでいる。
モジュール77はヴァルヴレイヴⅠによって切り離され独立した。
ダイソン球がモチーフだが本物の太陽を使っていない、等と相違点が多い。

WIRED(ワイアード)

作中世界のSNS。名前の由来はおそらくLINEから。これによる拡散によってヴァルヴレイヴとドルシアとの戦いが全世界に中継された。
ヴァルヴレイヴの世界観を表す舞台装置のはずだがサブライターの熊谷純が担当した回では全く使われない。
創始者は連坊小路アキラ。

赤い木曜日(あかいもくようび)

アマデウス・K・ドルシアが10年前に起こしたドルシアの軍事政変。これがきっかけでドルシアは軍事国家になった。

カルルスタイン機関(カルルスタインきかん)

ドルシアのエージェントの機関。集落を装っており、侵入者や裏切り者を処刑するように教え込まれている。

101人評議会(ひゃくいちにんひょうぎかい)

マギウスで構成された組織。その正体は数百年前に地球に不時着した精神生命体の集団であり、ルーンをたくさん持っている人間に乗り移った集団。
終盤で疑心暗鬼になった人々に狩られまくった。



主題歌

OP1:Preserved Roses/T.M.Revolution×水樹奈々
ED1:僕じゃない/angela
ED2:そばにいるよ/ELISA

OP2:革命デュアリズム/T.M.Revolution×水樹奈々
ED3:REALISM/ELISA
ED4:赤いメモリーズをあなたに/かなでももこ


革命機ヴァルヴレイヴ、それは追記・修正するシステム。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

※作品やキャラクター、スタッフ等に対する誹謗中傷や愚痴、批判や文句といったコメントはIP規制やコメント欄撤去の元になるので止めましょう。