セス(KOF)






「セットが乱れちまったじゃねぇか」

格闘スタイル: 護身術
誕生日: 8月1日
身長: 190cm
体重: 108kg
血液型: B型
出身地: アメリカ
趣味: 盗聴、ドライブ
大切なもの: ネクタイ、家族
好きな食べ物: 野菜、果物(ベジタリアン)
嫌いなもの: 飛行機
得意スポーツ: 個人競技

THE KING OF FIGHTERS』 に登場するキャラクター。スト4のラスボスはこちら
『'99EVO』(DC版『'99』)でヴァネッサと共にストライカー専用キャラとして登場し、『2000』からプレイヤーキャラ入り。
「リング機関」に所属するエージェント:諜報員で、ヴァネッサとは同僚。家庭を持っているらしいが、ヴァネッサの夫という訳ではない。

『2000』でリング機関から「龍(ロン)」の捕獲とネスツの調査を命じられ、飛賊の本拠地・河北省に赴く。
そこで襲われたを「龍の居場所を教えること」を条件にチームに加え、友人の紅丸とオマケの真吾と共にKOFに出場。
龍とは以前何らかの因縁があったらしく、エンディングで姿を現した龍が予想を超えて成長していたことに激しい危機感を覚えている。
しかし『2001』でこの件は完全に無かったことになり、龍そっちのけでヴァネッサ・ラモンと共に、
機関が「最重要人物」としていたの監視にあたっている。

 エンディングは庵を裏切り、3人がかりで襲い掛かった所で終わるが、
 結局庵の何が「最重要」だったのかは謎
 『2003』以降プレイヤーキャラとしては登場しない(『NEOWAVE』では家庭用のみに登場)ものの、
 『XI』ではハイデルンから受けた「遥けし彼の地より出づる者」の調査と、
 KOF出場の依頼をヴァネッサに振り、自らは裏方に回っている。



色々な意味で濃く、その濃さたるや『2000』でチームを組んだ紅丸と真吾のサワヤカコンビでさえ、なんかヤバそうな雰囲気に包まれるほどである。
見た目だけでなく、バックストーリーからゲーム中の性能から何から何まで濃い…とは言っても、正直地味。
何故かちゃっかり『MI』シリーズに登場し、『MI』世界の中ではかなりの重要人物になっているが、
2D作品の方を詳しく知らない人達には「『MI』シリーズのオリジナルキャラクター」だと誤解している人もいたりする。
『MIA』では特別弱くもないのに、ほとんどのゲーセンで使用率が1%を切るという異常事態を起こした。
アナザーコスチュームはMr.BIGにしか見えないと評判。

とはいえ近年の格闘ゲームの中では貴重な硬派キャラであり、
護身術の割に妙に暴力的な技をたくさん持っていたりする訳の分からなさも魅力である。
まあ実際少林寺拳法とか護身術は急所を狙ったりとかえげつないものみたいだが

勝利台詞では犬派のブルー・マリーに猫のチンチラを勧めているが、猫を飼うキングには残念ながら特に反応無し。また、キムには趣味の盗聴を咎められている。
依頼主のハイデルンには敬意を示している一方、他の軍人チームはヴァネッサ共々見下しているようで、特にラルフとは犬猿の仲。
それでも『MIA』での特殊イントロでは大分態度は軟化しており、ラルフとのやり取りは微笑ましさすら感じられる。

余談だが『2002』における対クーラ専用勝利メッセージが、
「IT IS DANGEROUS TO BE RIGHT WHEN THE GOVERNMENT IS WRONG.」といきなり英語である。
ちなみにこれはUMでも変更されていない。
これは実在したフランスの哲学者・ヴォルテールの言葉の1つで「悪い政府の下で、正しくあることは危険である」という意味だが、
唐突に口走る為にかなり分かりにくいことになっている。日本語でおk

ちなみに、中の人は『機動戦士Ζガンダム』のブラン=ブルターク、『つくってあそぼ』のゴロリ、
『コロッケ!DS 天空の勇者達』のエスカルゴや、海外ドラマや映画のアテレコ他などをこなす中村秀利氏。
ベテラン声優であり、海外の映画やドラマ好きの人は聞いたことがあるはず。
「カッコいいが全く使い物にならない、見掛け倒しのリーダー(あるいは上司)」等、
「二枚目の声をもって三枚目を演じる」役に定評がある。 - wikiより抜粋



   「とどめだ! ……安心しろ、冗談だよ」


原作中の性能

近接特化の当て身キャラ。
全体的に攻撃力が高いが、機動力が低く飛び道具も持たないため、中距離戦や待ち主体の相手には苦戦する。
『2000」では当て身技「胴崩し」が、神の1F当身の如く発生1Fな上に出始めに無敵があり下段以外は全て取れるという性能の高さで、
牽制もリーチが長く判定が強かったため、最強キャラの一角に数えられた。
また、ストライカー動作が非常に対空に適しており、防御特化のストライカーとしてジョーに次いで使用人口が多かった。
しかし年々弱体化され、『2002』や『NEOWAVE』では超必殺技「双掌昇陽」以外に頼れる技が無いという弱キャラになっている。
『2002UM』では『2001』以降削除されていた技の復活や一部技の発生が早くなったりして、ある程度強化されたようだ。

ちなみに「双掌昇陽」には「相打ちになった方が得をする」という変わった特性がある。
「双掌昇陽」は昇陽の弱を当てた後に昇陽の強を入れる技なのだが、2段目が当たりやすくなるように初段の仰け反りが非常に長くなっている。
そのため初段を相打ちにするとこちら側が大幅に有利になり、追撃が入るようになるのである。
地上で相打ちになると普通に当てるよりもダメージが稼げるため、「打ち勝ってしまったらむしろハズレ」なんて話も…。
実践解説プレイ(双掌昇陽相打ち入り)


MUGENにおけるセス

+にゃんころ氏製作 2000~2002アレンジ仕様
  • にゃんころ氏製作 2000~2002アレンジ仕様
現在はサイト消失により入手不可。
何故か原作で屈指の使えなさを誇ったネオ&ジオをストライカーとして呼び出す。
AIも搭載されているが、対人戦用なので強さはかなり控えめ。
外部AIは青村氏とはっぱ氏によるものが存在するが、後者は既に公開停止。
前者は2019年のYahoo!ジオシティーズ終了に伴うサイト消滅以降、hamer氏によって代理公開されている。
はっぱ氏AI動画。帰ってくれセストラマン

+RYO2005氏製作 ROTD風アレンジ仕様
  • RYO2005氏製作 ROTD風アレンジ仕様
レイドラ風にアレンジされたセス。
超必殺技の構成がKOFシリーズのものと異なり、
「双掌昇陽」が無く、「胴取り七悶殺」と「入身 灘月」の2つの超必殺技に1ゲージ版と2ゲージ版がそれぞれ用意されている。

+はっぱ氏製作 2002UM風アレンジ仕様
  • はっぱ氏製作 2002UM風アレンジ仕様
にゃんころ氏のセスを元にアレンジされた、『2002UM』風のセス。
基本的は仕様は『2002UM』に準じているが、にゃんころ氏のセスが持つオリジナル技も使えるようだ。

デフォルトで氏によるAIが搭載されており、遠距離ではバックステップからの落月でゲージ溜め、
中距離ではバックステップからの泳月と降月からのスライディングで中下段の牽制、
近距離ではぶっぱ気味の当て身による暴れと、中々ウザい油断ならぬAIに仕上がっている。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー