耶麻郡木曽組広野村

陸奥国 耶麻郡 木曽組 広野(ひろの)
大日本地誌大系第32巻 138コマ目

旧今の地より西2町にあり。寛文中(1661年~1673年)木曽村と同くここに移す。

府城の西北に当り行程6里。
家数33軒、東西2町・南北40間。
南は日橋川に臨み北は山に近く東は木曽村に連なる、

西南北、共に木曽村田圃(たんぼ)相雑り境界分ち難し。西は三山新田村まで7町20間、南は河沼郡坂下組河原田村まで10町50間余。

山川

日橋川(につはしかわ)(大川)

俗に大川という。下同。
村南3町にあり。
船岡村の方より来り、西に流るること6町舘原村の界に入る。
広40間計。

神社

伊豆神社

祭神 伊豆神?
相殿 山王神
鎮座 不明
村東1町にあり。
鳥居拝殿あり。上三宮村高村能登これを司る。

寺院

東福寺

村より辰巳(南東)の方30間余にあり。
真言宗府下道場小路観音寺の末寺なり。広野山と號す。
開基の年代詳ならず。
天文13年(1544年)善宥という僧再興す。
本尊大日客殿に安ず。


最終更新:2020年09月09日 22:14