耶麻郡木曽組河隅村

陸奥国 耶麻郡 木曽組 河隅(かはすみ)
大日本地誌大系第32巻 141コマ目

府城の西北に当り行程7里。
家数24軒、東西3町・南北3町。
一戸川の両岸に散居し東西は山に倚る。

東7町20間洲谷沢村の端村一郷の地に界ふ。
西3町48間洲谷沢村の界に至る。その村まで5町40間余。
南16町28間下村の界に至る。その村まで28町20間余。
北5町20間藤沢村の界に至る。その村まで15町40間。
また
巳(南南東)の方2町58間寺内村の界に至る。その村まで11町30間。

山川

一戸川

村中にあり。
広20間。
藤沢村の方より来り、南に流るること15町下村の方に注ぐ。

洲谷沢川

村西6町にあり。
洲谷沢村の境内より来り、辰巳(南東)に流るること4町計一戸川に入る。

原野

モウチ原

村西40間にあり。
東西2町・南北5町。
山腰にある原野なり。

関梁

橋2

村中、一戸川に架す。
一は長15間、一は長8間。
共に丸木橋なり。

水利

村東6町にあり。
周148間。

神社

山神社

祭神 山神?
相殿 伊勢宮
   鬼渡神
鎮座 不明
村北3町余にあり。
鳥居拝殿あり。上三宮村高村能登が司なり。


最終更新:2020年09月05日 21:13